大人のニキビ吹き出物に効く「漢方薬」で体質改善!

美肌先生思春期ではないのに、顔に吹き出物やニキビが出来てしまう。

または、背中や胸に吹き出物ができる、といった悩みはありませんか。

サプリメントや皮膚科に通うのもひとつの方法ですが、漢方薬を利用するというのも一つの方法です。
漢方の考え方では、身体全体をひとつの流れとして捉えます。

スポンサードリンク



何かしらのトラブルはその流れが滞留しているとして、正常な流れにもどすことを通してトラブルを解決しようというものです。

そこで、西洋医学の皮膚科ではニキビに対してはいわゆる「対症療法」として塗り薬や飲み薬が処方されますが、漢方は流れの滞留を正常にする考え方なので、体質改善をしていくなかでニキビなどができにくい身体にしていこうと処方していきます。

ですから、出てしまったニキビが治ったら、塗り薬を止めても大丈夫という考え方とは全く違うわけですね。
漢方薬の効き目をゆっくりと身体に入れていくことで、気の流れが滞ってニキビという形で体表に現れていたものを消していこうというものです。

普通漢方薬は生薬を2種類以上組み合わせて作られています。

これは、医学的に認められた自然由来の成分を身体に取り込み、気の流れを正常化するものです。
従来漢方薬といえば、その薬となる葉や根やその他様々な薬種を、蒸したり乾燥させたりした生薬を自宅で煎じ、それを飲むものでした。

それもかなりの量をお茶のようにして飲まねばならず、飲みにくさの極致でしたが、現在は顆粒状になっている服用しやすい薬を食間に飲むようになっています。

ただし、ゆっくりの効き目と体質改善となりますので、服用期間は長くなる場合も。

医師の処方で漢方薬を服用する場合、治ったからと自分で判断し服用をやめないようにすべきです。

なお漢方薬専門の薬局で、体調や体質に合わせて処方してくれる店舗も増えています。

これらは、ニキビだけではなく様々な体調の不調を改善するような薬について、アドバイスをしてくれます。
生活全般に気遣いサプリメントをうまく利用しながら、体質を強化するお手伝いとして、漢方薬を利用するのも一つの手ではないでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ