腸の調子がおかしいとこんなに悪いことが!!!

ポイント便秘をすると肌荒れが起こるというお話をしました。

私たちは、食べ物を食べ、消化しそこから栄養を摂取しています。

便は、吸収されなかった食べ物の残りかすに、使われなくなった細胞や、老廃物、死んだ腸内細菌や、悪玉菌などからできています。

腸は、栄養の吸収もしますが、これら便をつくり体内から外へ排出する働きもしています。

スポンサードリンク



つまり吸収も排出もできる内臓が腸というわけですね。

なんとなくですが、腸というと「吸収が主なお仕事」って感覚ってありませんか。

恐ろしいことに、便秘をするとこの体外に排出させる働きができない腸は、この老廃物(便)から吸収をしてしまい、老廃物の毒素が再び体内をめぐってしまうというのです。

腸は「これは毒素だから吸収しないでおこう」とは思わないんですね。むしろ、吸収と排出を効率的に行いたいから圧縮するというイメージでしょうか。

この毒素が再び体内をめぐると、さまざまな不調となって身体に現れます。

しかも、毒素が溜まった腸は、腸壁までも悪い色になるといわれています。

この毒素が溜まった状態は、肌荒れはもちろんですが、口臭や体臭の原因にもなります。

皮膚から毒素を排出しようとするからです。

便秘になるともっと悪いことが・・・

美肌先生大腸がんの原因にもなります。

さらに、毒素が溜まった腸が、活性酸素を発生させて、免疫力が下がってしまいます。

免疫力が下がると、病気にかかりやすくなる、これは当然の理ですよね。

活性酸素が多く発生すると、体内が錆びていきますので老化の原因にもつながります。

また、ひどいときは腸内で便がうごかなくなって固まり、そこの細胞が壊死してしまうというケースも。

身体のために食べているのに、それを正常に排出できないと起きる弊害が大きすぎますね。

もちろん、便秘だけが原因で一つの病気を引き起こすというわけではなく、そもそも便秘になる状態に原因があるわけなのですが。

ですから、私たちは毎日の生活のなかで、便秘にならないように、また腸内環境を整えるように心がける必要があるといえるのです。

当サイトでは便秘解消サプリメント「するっと抹茶」をオススメしています。






スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ