初めての「漢方」。大人ニキビに効く漢方とは?

少し前までは、“青春のシンボル”(古!)といわれていたニキビに、30代を過ぎても悩まされる
方が増えています。

スポンサードリンク



過剰な皮脂分泌や、ホルモンのアンバランスに起因する10代のニキビとは異なり、20代半ば以降、社会人になってから増えるのが、「大人ニキビ」。

顔でもとくに顎に多く出てきて、なかなか引っこまず、背中や胸にも広がってしまうのが特徴で、心身のストレスや睡眠不足、食生活の乱れ、肌に合わない化粧品も関係しているといわれています。

【大人ニキビにおすすめの漢方】

一般的な皮膚科では、抗生物質の内服薬や軟膏、ビタミン剤を処方され、はじめは即効性に驚いても、続けるうちに耐性ができて、効かなくなることも。

美容皮膚科をたずねて、ケミカルピーリングやフォトフェイシャルの施術を受けると、ニキビは減少しますが、皮脂の除去による一時的な効果に過ぎません。

ガンコな大人ニキビにお悩みなら、漢方の門を叩いてはいかがですか?

効果的な漢方では、生理不順やホルモンバランスの乱れを整える『当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)』、ストレスを和らげる『大柴胡湯(だいさいことう)』、血行促進とホルモンバランスを整える『桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)』などなど…。

漢方の考え方は、ニキビを退治するというよりも、まず、体質そのものを修正し、その後、効果が現れてくるというものなのです。

【受診をして、最適な処方を】

現在、自己診断のできるチャートを用意しているネット通販もありますが、自己判断で選ぶのでは、逆効果になることも。

また、漢方の効き目はゆっくりで、抗生物質のような即効性はありませんから、独りでは、服用後の効果の確認も難しいもの。

漢方は、ひとそれぞれに異なる体質を見極めたうえで処方されるのが大原則ですし、服用量や気候との関係など、さまざまな要素が絡み合って効果が出てくるもの。

漢方治療に知識と理解のある皮膚科も増えてきましたから、まずはそちらを受診することをおすすめします。
ネットを活用して、口コミや実績を参考に、あなたに最適な皮膚科を見つけましょう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ