アロマでにきび対策してみませんか?

エイジングできてしまったニキビ、なんとか早く治したいものですね。

治療するために、どのような方法をとられていますか。

薬用のニキビ用の化粧品を使用されますか、または医院などで処方された薬を塗ったりしていますか。

その時の体調や、ニキビの状態で使い分けている方も多いのではないでしょうか。

ニキビは、皮脂が過剰分泌され毛穴をふさぎ、そこに細菌がくっついて増殖することで炎症を起こすという皮膚のトラブルの一つですね。

ひどくなると、きっちりと芯があり、膿み、赤く腫れ、痛いという症状になります。

スポンサードリンク



また大人のニキビはストレスや、ホルモンのバランスの崩れ、生活環境の変化などが原因で皮脂分泌が過剰になってしまい、出来る場合がほとんどです。ですから、一つだけポツンと出来たりしませんか。更にそれが悪化したりして。

 

皮脂の過剰分泌といっても、お肌が乾燥しすぎていてもガードしようとして起こる場合もあります。

ポイントですから乾燥もニキビの大敵!そこでお部屋の湿度の管理も実はお肌に大変重要であるといえますね。

そこで取り入れたいのが、精油、つまりアロマテラピーを利用したストレス削減とお肌の乾燥対策です。

香りで癒されるといわれますが、まさにその効果を狙いましょう。

特に効果のあるオイルは(洗面器に張ったお湯に垂らして蒸気を顔に当てると効果的です)

「サイプレス」「ゼラニウム」「ティートリー」「ベルガモット」「ラベンダー」です。

もしストレスがたまってニキビが出来たという自覚があるのであれば、
ベルガモットとラベンダーを1~2滴、お湯を張った洗面器に垂らしたものを優しく顔にあて、吸い込むようにするだけでも効果があります。

 

お肌にも効果がありますが、気持ちもスッキリするようです。

とはいっても長時間あてて吸い込むのではなく、この方法で目をつぶって吸い込むのは10分程度がベストです。

ティートリーには殺菌力があり、ゼラニウムには皮脂バランスを整える力がありますので、これらもニキビケアの強力な助っ人として活躍してくれるでしょう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ