クレンジングいろいろ、肌にあったものを!【タイプ別説明あります!】

肌のためにまずはクレンジングが大切ですがちゃんとしたやり方をごぞんじですか?

汚れをきちんと落とし、必要な皮脂は残して肌の自浄能力をよみがえらせること、これを目的として毎日つづけていきたいものです。

それでは、クレンジングにはどのような種類があるのでしょうか。

スポンサードリンク



まずは最近人気の高いオイルクレンジングです。

オイルタイプは、肌馴染みが良く、早い時間ですっと汚れが浮く実感が得られる、使いやすいタイプといえるでしょう。

ポイントメイクなども、オイルクレンジングをきちんと使えば落ちますよね。

でも、オイルで落とすということは、洗浄する力も強いということで、必要な皮脂も落としてしまい、気をつけないと乾燥してしまうということです。

それからミルクタイプのものもありますよね。

ミルクタイプは、やはり伸びがよく、顔に乗せたときの伸び感と馴染みが良い、やはり使いやすいタイプですよね。

でも、洗っていてやはり汚れ落ちが優しすぎるという点も否めません。マスカラなどは、落ちにくいかもしれません。

またマスカラなどがしっかり落ちる場合は、オイルと同様洗浄する力が強いので、クレンジング後の保湿に気をつけなければならないですね。

次に、クリームタイプのクレンジング。

こちらは、上記の2点よりは伸びが悪いと感じるかもしれません。

肌にしっかり浸透したら、水やぬるま湯で洗い流すのに、なんとなく顔に残ってしまったような感覚が起きてしまう場合も。
さらに洗い流さずに、コットンやティッシュでオフするタイプもありますね。こちらは、肌にキズをつけないように、気をつけたいものです。

手軽で持ち運べ、気軽にメイクオフできると人気なのが化粧水タイプのクレンジングです。

あらかじめコットンに含ませた商品も使いやすく、さっと落ちるところから使いやすいタイプといえます。

しかし、これはアルコール分が含まれているので、揮発性が高く、肌の乾燥も進みます。きちんと落とした後の保湿が必要となります。

このように様々なクレンジングのタイプがありますが、用途や好みに合わせて、使い分けてみるのも楽しいかもしれません。ただし、乾燥による保湿は気をつけたいものです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ