【今日から試したい】オイルクレンジングの効果的な使い方とは?

美人になるために今やクレンジングの主流になっているような感さえある「オイルクレンジング」。

色々なメーカーから、たくさんの種類が発売されていますよね。
以前はオイルクレンジングといえば、シュウウエムラのものが最上といわれ、

スポンサードリンク



美容雑誌の誌面を飾っていました。

でも、実はオイルクレンジング、肌に合わないという話も聞きませんか。

オイルクレンジングに含まれている、界面活性剤が肌に合わないというケースが生じているのです。

でも、敏感になってしまっている肌はともかく、普通肌の状態であれば、効果的な利用の仕方で、オイルクレンジングのよさを引き出した使い方ができます。

「水と油」という言葉があるように、水と油分はそのままでは混ざらないのが普通です。

それをなじませるために、界面活性剤がオイルクレンジングの中に使われているので、肌に乗せてからゴシゴシと、汚れを取ろうとして強くこすったり、毛穴の汚れを除去しようとして同じ場所をこすったりすると、界面活性剤が肌に負担をかけてしまいます。

毛穴の奥の汚れについては、オイルクレンジングでゴシゴシしても、中から浮き上がってくるということは、なかなか難しいのが現実です。

そこで、ゴシゴシしないようにするのが一番なのですね。

つまり、メイクを落とすということのみに集中して、オイルクレンジングを手に取ったらすばやく顔になじませ、こすらずにぬるま湯でさっと流してしまいます。

この時には、やはりメイクが残りやすい部分、というよりもとりやすい部分をキレイにするつもりでメイクオフしましょう。

額から鼻のTゾーン、頬、口のまわりなどをささっときれいにします。

アイメイクは、できればクリームなどで優しく浮かせてから、コットンなどでふき取るのが良いでしょう。

クレンジングは、あくまでお化粧を落とすために使うものです。

あまり多機能を追求しないで、きっちりここは肌に残ったメイクをキレイに落とすことを目的として、使いましょう。

それから、汚れを洗顔して優しく落としてあげる、これがお肌に負担のかからないクレンジングのやりかたです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ