「クリームパック」でガサガサの肌をしっとり蘇らせる方法あります!

台風が去ってから、急に気温が下がりはじめましたね。秋の深まりを感じるごとに、お肌の状態もカサつき気味に…?

そのまま放置してはいけません。肌トラブルの素になりますよ!
お風呂の後の「クリームパック」で、カサつきお肌を保湿してあげましょう。

スポンサードリンク



【クリームパックの効果とは】

「パック後、肌荒れがおさまり、しっとりした」「翌日の肌がしっとり保湿されて、お化粧の乗りがいい」。
即効性があり、ファンの多いパックです。

わざわざ、新しいクリームを購入する必要はありません。
日ごろ使っているクリームと、キッチンに常備しているラップが活躍してくれます。

今、肌にカサカサ感のある方は、すぐにでも試してみることをおすすめ!

【ひと手間かけて…クリームパックの方法】

準備するものは、ふだん使っているクリームとサランラップ(化粧水 ※下記)。

お風呂上がりのポカポカの肌か、半身浴の最中に実行するのが効果的。
方法は次のとおりです。

1.(洗顔後)クリームをたっぷりとって、顔全体にそっと塗り付けていきます。

2.塗り終わったら、目・鼻の穴を避け、サランラップで顔全体を覆います。

3.10分ほど経ったら、クリームをそっとふき取りながら、化粧水、クリーム(オイル)などでいつものケアを。

※クリームの上に化粧水を塗り重ねる方法もあります。クリームを塗った顔に、さらにローションパックし、  サランラップで覆うというもの。化粧水の水分が、クリームの成分を肌の奥に浸透させる効果があるとか。

こちらもパック時間は10分ほど。

ふだん使いので慣れているクリームでも、次のひと手間をかけると、いつもとは違う効果を発揮してくれるのです。どちらが保湿に効果的か、まずは試してみたいところですね。

効果を欲張るあまり、高価なクリームを購入するのは避けたいもの。万が一のアレルギー反応も怖いですし、使い慣れたクリームを使うのがポイントです。

かゆみなどの異変を感じたら、すぐに中止しましょう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ