リンパ液の動きを良くするマッサージとは?【動画あります!】

美肌お姉さんマッサージなどでリンパ液の流れを良くすることが、スキンケアにも健康のためにもとても良いとよく聞きますよね。

でも、流れを良くするってどういうことなのか?不思議ではありませんか。

血液なら、心臓のポンプが勝手に血液を全身に送りだしてくれるのに、リンパ液は一緒に流れないの?

そもそもリンパ液ってどうやって身体をめぐっているの?

とそこがわかると、どうすることが一番良いのか、

スポンサードリンク



もわかるようになります。

リンパ液は、血液から生成される液、つまり血漿です。

血管から少しずつ沁み出しているもので、リンパ液としてリンパ管に流れ込みます。

そして、骨格筋といった筋肉の収縮によって体内を巡るのです。
ですから、その動きはきわめてゆっくりで、血液とは比べ物にならないほどです。

しかも、逆流しないように、弁もきちんとあるので、そこまでのリンパ液がある程度の動きが加わらないと動かないという、つまり滞留しやすい性質があるといえましょう。

このゆっくりしたリレーによって、リンパ液は動いていくのですが、運動不足の状態では、筋肉が動かずしたがってリンパ液も動かないということになってしまいます。

ですから、立ち仕事の方や、オフィスワークで一日中座っていた日などは、足がむくんでしまいますよね。これらは血行とリンパ液の働きによって起きていたわけです。

また、全身の悪い物質、排出したほうが良いと考えられる物質をリンパ液は運び、リンパ節でやっつけますが、この働きが悪かったり、負けてしまうと病気にかかります。

ですから、リンパ液の動きをきちんと働かせておくことは、健康のためにもとても重要なことだといえるのです。

そして、それを補助するために、リンパマッサージをすることが大切なのですね。

リンパ節は、太ももやの付け根や、わきの下、膝の後ろの部分などにあります。

ここにむかって身体の中心から、ゆっくりと優しくマッサージすることが、リンパ液の働きを促すマッサージになります。
リンパドレナージュなどの方法については、詳しい本なども多く発売されています。
自分にあった方法を探すために、色々と調べてみるのも良いのではないでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ