美容に効果のある運動とは?

うんどう

当たり前ですが、私たち人間は加齢に伴って、運動能力が落ちていきます。

特に筋力と、身体全体の有酸素能力が減少していきます。

そして使わなくなった筋肉は減ってしまいます。

これは、加齢ばかりではなく、部活動などで毎日のように運動をしていたのを引退したとたん、

筋肉が落ちたとか、脂肪が増えて体型が変わったなどと経験したことのある方も多いのではないでしょうか。

ポイント極端に言えばもし、骨粗しょう症のような症状を加齢とともに発症してしまったとしても、

私たちは運動を欠かさないほうが身体のためには良いのです。また症状の改善にもつながるといわれています。

また、競技で勝つとか、選手になろうというための運動ではなく、私たちの美容を維持するための運動なわけですから、

健康づくり、体力づくりを目的とした運動だったり、通勤や家事を行うなかで、積極的に身体を動かすなどの程度のものも含まれるわけです。

そしてこれらの運動を、毎日欠かさず行う、または週に3日程度行うなど、できる範囲で少し負荷をかける程度の運動量を続けていくと、

何年もたってから振り返るとかなりの運動量となり、活性酸素を抑える働きがきちんとはたらき続けることがわかっています。

また、一回に行う運動の時間についても配慮が必要です。

ある程度の燃焼も視野に入れて運動することで、さらに効果が得られるのですが、

激しい運動や、過激な運動を行うと逆に体内の抗酸化物質が減少してしまいます。

加齢によって血管が硬化していき、血行も悪くなることから肌のたるみや、

くすみも発生してしまうのですが、過激な運動によっても血管が硬化する場合もありますので、

美容とアンチエイジングのために運動をするならば、適度に時間も20分程度を、長期間続けることが肝心といえましょう。

自分の運動のキャパシティというのもあると思います。

それを踏まえながらも、毎日の日常生活のなかで身体を動かし、少しずつ負荷をかけていくことでアンチエイジングと美容に効果が得られるよう、努力してみませんか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ