肌が一時的に敏感肌になったときに覚えておきたいことまとめ

いつも使っている化粧品、肌のトラブルなんて起こしたことがないのに、ある日突然使用しているとピリピリとした刺激を感じてしまうということはありませんか。

美肌先生特に冬などの乾燥した季節や、季節の変わり目、春先などにそのような症状を訴える方が多いのではないでしょうか。

また季節の変わり目は、吹き出物が出て困る、化粧品にかぶれたような状態になって、お肌が赤らんでしまうというケースもあります。

このような場合、突然赤らんでしまうのではなく、ちょっとした刺激をその前に感じていたのではないでしょうか。

季節の変わり目や、環境の変化がある時期は、お肌の状態が一時的にデリケートになるということがあります。
お肌は環境変化に対してのセンサーのような機能があるので、反応してしまうのですね。

スポンサードリンク



特に乾燥している冬は、肌が過敏になりやすい季節です。

乾燥によって、お肌のうるおいが減り、肌本来が持つバリア機能が低下してますよというサインが、肌から出ている状態です。

そのような時は、ちょっと立ち止まって毎日のスキンケアを見直してみましょう。
ピリピリしているということは、肌が刺激として感じているということですから、刺激の少ない化粧品に切り替えてみてはいかがでしょうか。

それでピリピリしないようであれば、バリア機能が復活するサポートがされているということです。

今まで使っていた化粧品がずっと使えないというわけではありません。

お肌が一時的に敏感になってしまっているので、その時期だけでも刺激を抑えた化粧品に切り替えることで、再びもとの肌に戻る手伝いとなります。

ピリピリしているのを、無理して我慢して使い続けていると、肌が荒れたり、吹き出物が出たりするトラブルの原因になってしまいます。

お腹を壊したら、胃や腸にやさしい食べ物を食べますよね。

それと同じで、お肌の調子も変化します。

それに対応することで、調子を整えてあげるということは、きわめて当然のケアなのです。
肌からの小さなサイン、見逃さずにケアのきっかけとしたいものですね。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ