肌の乾燥の原因【肌の乾燥がひどい方必見!】

お肌の乾燥、いやですよね。

季節によって、乾燥がひどくなったり、場合によっては背中や足の乾燥が進んで痒くなってしまう場合もあったりします。

この場合、夏になるとかゆみが収まるのですが、これは汗をかくことで乾燥から開放されているので、また、秋や冬になると乾燥が始まり同じ状態が起きてしまいます。

そして乾燥は、老化が始まったサインの一つでもあります。

スポンサードリンク



なぜお肌は乾燥するのでしょうか。

皮膚の構造

皮膚は表皮、真皮と皮下脂肪織の3層から出来ています。乾燥することで、表皮は縮んでしまいます。縮んだ表皮の中の状態、角質層はそのとき厚くなっている場合が多いといわれています。

この状態にあると皮膚は、いわゆるターンオーバーのサイクルがゆっくりになってしまいます。

 

つまり若いお肌の状態では、2週間ほどで古い皮膚が剥がれ落ちていきますが、乾燥して老化が始まっている皮膚ではそのサイクルが4週間と長くなっています。

老化により肌が乾燥してしまう原因は3つ考えられます。

一つめは、皮脂腺からの皮脂の分泌が減少すること。

二つ目は、表皮の保湿に重要な角質層細胞間脂質のセラミド成分が減少していくこと。

三つ目は、同じく表皮の保湿に重要な角質細胞の中にあるアミノ酸などが減少してしまうことです。

セラミド成分については、保湿化粧品に入っている成分としてよく耳にすることが多いのではないでしょうか。

大人ニキビそして、これらの保湿成分は、減少してしまうのが乾燥の原因、とあっさり書きましたが

、増加する上で阻害する活性酸素の働きを抑えることが出来なくなっていくことで減少するという、

ちょっと逆説的な説明になってしまいましたが、この状態が起きるということなのです。

そこで、お肌の乾燥を防ぐためには、やはり保湿成分を補充すること、

それから活性酸素の働きを抑える抗酸化作用のあるものを体内に取り入れること、これが重要といえるのではないでしょうか。

幸いなことに、保湿のための化粧品はとても多く販売されています。

自分のお肌の状態や、体質にあった化粧品をみつけてしっかりケアすることが乾燥を防ぐ、

アンチエイジングの第一歩となるといえるのではないでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ