プチ断食【3日間】のやり方・方法とは?その効果は?便秘も解消される?

プチ断食の効果とやり方は?

お腹

「長寿遺伝子」(サーチュイン遺伝子)の働きが話題になったのは、1990年代のこと。

空腹状態で最も多く生み出され、血管や肌などの老化を抑えてくれるとして注目の因子として、現在も研究が進められています。

この空腹状態を意図的に作り出し、さらに、ダイエットにも応用し…と、美と健康にどん欲な人々に注目されているのが「プチ断食」です。

スポンサードリンク



プチ断食の効果がすごい!

例えば、週末、1日3食のうち1~3食を「酵素ドリンク」に置き換えると、酵素のデトックス効果によって、顔や身体のむくみがとれ、身体が軽くなった、便秘が解消され、吹き出物が改善された…などの相乗効果を得られるそう。

さらに脳内の満腹中枢が刺激され、空腹感を感じなくなるなど、ダイエットの素地もできてくるとか。

わずか3日の断食でも、これまでの糖分や脂質の多い食事内容に気づき、見直すきっかけとなる人も少なくないそうです。

プチ断食の具体的なやり方

「プチ断食」、具体的にはどのように行うのでしょうか。

1日3食のうち1食を「酵素ドリンク」に置き換える場合、他の2食は、おかゆや野菜ジュースなど、胃に優しい食事に。

金曜日…昼食はふだんの8割くらい。夕食は「酵素ドリンク」に。



土曜日…朝食 おかゆ、ジュース、そばなど

昼食 「酵素ドリンク」

夕食 おかゆ、野菜ジュース、そばなど

日曜日…土曜日と同様に。

「断食」期間中は、夜19時ごろまでに食事を終えたいもの。

もちろん、水分摂取は大切ですし、生野菜の摂取も忘れずに。夜食は禁止。

慣れないうちは、自分をコントロールしやすい自宅でのトライがベターです。

さて、週明けの月曜日は、「断食」解禁日。

断食前の食事に戻すことは控えて、朝は「酵素ドリンク」、ランチも、そばなどの軽いものがベターです。

「プチ断食」後の体重変化は、平均的に1~2キロほどだそう。

「断食」前の食事を振り返って、それまでの食事に胃腸への負担を感じたら、それはダイエットを成功に導き、長寿遺伝子へのスイッチが入った兆し…かもしれません。

 




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ