伝統的ハーブ「カモミール」の効果とは?癒しと安眠に効能あり!

低体温

健やかなお肌に必要不可欠な生活習慣の一つ「睡眠」。

これが不足すると肌のくすみや、むくみ、肌のターンオーバーサイクルの乱れなどがおき、ガサガサになったりとトラブルが発生してしまいます。

なかなか眠れないというときは、生活リズムを見直したり、午前中にしっかりとお日様の光を浴びたりすることが大切になってきますが、就眠の前にゆったりと過ごすことも睡眠の導入に良い効果があります。

スポンサードリンク



そんな時に、ぜひ「カモミールティー」はいかがでしょうか。

カモミールは、ヨーロッパでは古くから利用されてきたハーブで、神経を休めリラックス効果が得られることから安眠に効くハーブとしても使われています。

香りはりんごの実に似ていると表現されることも多いのですが、スッキリした香りと味は、スッとすることからもミントを想像される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また身体を温める効果もあり、風邪のひき始めなどにも飲まれたり、女性の冷え性改善のためにも飲まれています。

カモミールティーは、抗炎症作用や消化器系にも良い効果があるといわれ、成分からもその効用がうたわれています。

ただし、ジャーマンカモミール(一般的にはこちらが利用されているようですね、青くならないカモミールティーはこちら)と、ローマンカモミールでは少し効能が異なるので、何を原料としているのか確かめてみるのも良いかもしれません。

自宅でカモミールティーを楽しむときに、おやつなどのブレイクタイムには一緒に小さなクッキーなどと一緒に頂くととても合うのですが、ちょっと変わった風味を楽しみたいときには、ミルクを少し入れるのも、おなかに優しくてお勧めです。

または、ハチミツを少し垂らしていただくのも、柔らかな甘さと、身体を温めてくれる効果が得られます。

すっきりと眠った翌朝は、心も身体も晴れ晴れとして気持ちのよい1日のスタートがきれます。

さらにその睡眠がお肌や体調に影響してくるとしたら、良い睡眠を得るために、利用できるハーブ「カモミール」はとても簡単で、効果的。ぜひ取り入れたいものですね。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ