【エルダーフラワーの効能】が驚くほどわかる!美容にも効果抜群!

エルダーフラワー
冬になると、我が家の冷蔵庫には必ず常備するものがあります。

それは「エルダーフラワーシロップ」です。

エルダーフラワーは、和名を西洋ニワトコと呼ばれる針葉樹で、ヨーロッパではおなじみのハーブのひとつです。

ヨーロッパでは古くから魔よけの力があるとされ、様々な伝説がある樹だそうです。そう、西洋ニワトコといえば「ハリーポッター」シリーズを思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スポンサードリンク



ダンブルドア校長が持っていた杖が「ニワトコ」の樹の杖でしたよね。

さらに最終巻に至ると判明する杖をめぐる真実。あの杖の魔力の由来は、実はニワトコという樹の持つ古くから信じられている魔力が根底にあるものだったんですね。

さて、このニワトコ「エルダーフラワー」ですが、今はヨーロッパでは「インフルエンザにかかりにくい効果がある、そしてインフルエンザの特効薬」として常用されています。

どうやら、粘液や粘膜を掃除して気道なども通りを良くし、体内の毒素を排出する働きがあることから、風邪薬としても認知されているようです。

また、利尿作用や、発汗作用にも優れている上に、抗うつ作用もあります。神経を和らげる効果があるので、安眠にも効果がみられます。

エルダーフラワーの、花の部分はお茶として、実の部分はシロップやジュースとして、またワインなどにも利用されています。

英国産の「エルダーフラワーコーディアル」というシロップが、日本でも手に入りやすく、水や炭酸水、りんごジュースなどで割って飲むと爽やかで美味です。かなり糖分が入っているのか、ビンの口がベタベタしますので、ちょっと注意が必要です。

また、英国産だけではなく、「イケア」でもスウェーデン産のエルダーフラワージュースが販売されています。こちらは、若干お手軽な価格なのでお近くにイケアがある方はこちらもお勧めです。

コーディアルよりもちょっとサラッとしているようです。

また、エルダーフラワーティーは、喉をスッキリさせたいときに飲むと良いハーブティーです。安眠効果もあるので、カモミールティーなどと同じような雰囲気として、楽しむのも良いのではないでしょうか。

我が家では、インフルエンザ対策として冬に活躍するエルダーフラワーですが、本来は1年中楽しむのに適しているハーブだといえるのではないでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ