おいしいお蕎麦で低インシュリンダイエット【その効果とは?】

そば
おそばというと年越しのときや夏場そうめんに飽きたときに食べるものという印象があるためか、頻繁に食べる人は少ないように感じます。

しかしそばには他の麺類にはない栄養がたくさん含まれているので、とても美容にいい食材です。

そばを食べることで、アンチエイジング効果やダイエット効果が期待できます。

穀物のなかではそばだけに含まれているルチンという成分は、アンチエイジング効果があるポリフェノールの一種です。

毛細血管を強くしてくれるので、動脈硬化や高血圧予防に効果があるといわれています。

ルチンにはビタミンCの吸収をよくしてくれるはたらきもあるので、美肌効果も期待できます。

スポンサードリンク



またそばは様々なビタミンが含まれている食品で、なかでもビタミンB群はお米の4倍ともいわれるほど豊富に含まれています。

アンチエイジングビタミンB群は脂肪や糖の燃焼をよくする働きがあるため、ダイエットの効果がよりいっそう高まります。

更にそばはお米や小麦でつくられたうどんやパスタ、パンなどと比べると、GI値が低い食品です。

GI値が高い食品を食べた後は血糖値が急激に上昇するので、血糖値を下げる為にインシュリンがたくさん分泌されます。

しかしインシュリンには脂肪を作る働きがあるので、分泌され過ぎると脂肪を体内にため込み太る原因となってしまいます。

その点そばは血糖値が上がりにくくインシュリンの分泌も少ないので、他の主食と比べると太りにくい食材だといえるでしょう。

その他、そばには食物繊維も多く含まれているので、ダイエット中にありがちな便秘の解消に効果があります。

最近ではスーパーにおかれる乾麺や生そばの種類も増え、ネット通販で有名店のおそばを買えるようにもなっているので、自宅でもおいしいおそばが食べられるようになりました。

毎日そばでは飽きてしまうという方にはそば粉のクレープ、ガレットや蕎麦がき、そのままでもおいしい蕎麦湯をおすすめします。
そば粉もスーパーですぐ手に入るので是非ためしてみてはいかがでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ