冷え性改善 ダイエットにも効果のある【乾燥生姜の力】

美肌お姉さん女性のからだは男性と比べると筋肉よりも脂肪が多いため、冷え性になりやすいといわれています。

からだが冷えると手足末端まで暖まらなかったり、代謝が悪くなり水分や脂肪をためこみやすくなったりします。
下半身太りやむくみも引き起こすため、冷えは女性の敵だといえます。

冷えに負けないように生姜を食べて、からだを内側からあたためましょう。

スポンサードリンク



中国では生姜はショウキョウと呼ばれ、紀元前500年ごろから冷えにきく漢方として重宝されてきました。

012843約70パーセントの漢方薬に素材として用いられているほど、生姜はからだによい食材です。

生姜には殺菌力の高いジンゲロールと、からだをあたためてくれるショウガオールという成分が含まれています。

ジンゲロールは生の生姜に多く、風邪など病気の引きはじめによくききます。

空気に触れると成分が変化してしまうので、おろしたてをつかうのが大切です。

ショウガオールはジンゲロールが変化したもので、胃腸の壁を直接刺激して血流を高め、からだを芯からあたためる効果があります。

生よりも乾燥させた生姜に多く含まれているため、冷え性改善のために生姜を摂取するときは干してから食べるとより効果的です。

スライスして一日天日干しか三、四日室内干し、あるいは低温のオーブンで一時間弱水分を飛ばせば乾燥生姜のできあがりです。

スープや煮込み料理などにつかえば体がぽかぽかとあたたまります。

また、生のものよりも生姜の風味が際立つので、料理もいつもよりスパイシーにおいしく仕上がります。

最近では既に乾燥させてある生姜やそれをパウダー状に加工したものも売られているので、つかう料理や頻度などを考えて自分にあったものを使うとよいでしょう。

普段臭み消しや薬味くらいにしかつかわない生姜には、血液のめぐりをよくし、体を活性化させる力が秘められています。

むくみや冷えが気になる方は、毎日の食事に乾燥生姜を取り入れてみてはいかがでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ