スキンケアには腹八分目が良い??【衝撃の新事実!】

ご飯昔から「腹八分目医者いらず」という諺があるように、健康を保つためにはほどほどに食べることが良いとされていました。

現代は飽食の時代といわれ、美味しいものも数え切れないほど身の回りにあふれ、その中で欲張らず、腹八分を目指して食べる生活を保つということはなかなか難しいのも現実です。

スキンケアにも、この食べる量としての腹八分目はとても大切な戒めといえます。

食べ過ぎると、どうしても胃腸の働きが悪くなり、また血液のめぐりも胃に集中しますよね。そして

スポンサードリンク



栄養過多となった栄養素は、血液と一緒に身体の隅々まで届けられます。

過激なダイエットなどで栄養が足りないというのも、もちろんスキンケアには良くないことですが、摂りすぎももちろんいけません。

美肌先生消化不良で、余分な栄養が血液と一緒に身体をめぐり、お肌に悪影響を与えたり、老化を早めたりしてしまいます。

数々の動物実験でも実証されているのですが、適切な栄養分で少ないカロリーを与えられたほうが、健康を保ち、長生きをしたという実験結果がでています。

食べすぎによる、内臓への負担の増加が老化を早めているのも一つの原因とされていますが、また、少ないカロリーを与えられ続けることで、身体自体がスローペースで生命活動をしようと抑制されることも原因の一つのようなのです。

私たち人類を初めとして、地球上の動物は基本的に口からの栄養摂取で生きていますよね。

太古から毎日十分すぎるほどの栄養を摂るのが当たり前、という生活をおくってきていはいませんでした。

むしろ、今日食べられたら明日は食べられるかどうか、判らない、天候によっては何日も満足に食べることは出来ないかもしれない、といった過酷な状況の下で、生命を維持すべく工夫して生きていた時代の長い「種」なのです。

そのことから考えても、食べすぎが続く、または満腹が毎食続く状態というのがいかに、私たち人間にとって異常ともいえる状態かということがわかるのではないでしょうか。

生きている私たちの、生命としての力、これを正しくつかうことがスキンケアにも繋がるということになるのです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ