肌が荒れてしまったら「摂りたい栄養成分」とは?

美肌お姉さんこのストレスフルな毎日を送らなければならない現代社会。

ロハスな生活がしたいなぁ、とまで考えなかったとしても「ゆったり過ごしてリフレッシュしたい」と思いながら、毎日を慌しく過ごしているという方も多いのではないでしょうか。

ストレスをずっと溜め込んだままにしていると、肌荒れの原因にもつながります。

乾燥した季節だけではなく、ちょっとした気温の変化や気候の変化でも肌荒れが起こり、トラブルに発展するということは珍しくありません。

そこで、なるべく肌のトラブルを回避する方法をちょこちょこと実践することで、肌荒れを防ぎ、キレイな肌をキープするというのはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



まずは食事内容や、摂取栄養素を見直しましょう。

肌荒れを防ぐためには、「良質なたんぱく質」「ビタミンA C E」(ビタミンエースと呼ばれています)、ビタミンB群をバランスよく食べることが重要なポイントになってきます。

そしてさらに、内臓に負担をかけないためには、私たちの遺伝系統から離れた存在のものを食べるほうが、効果的に栄養を取り込むことができるというわけです。

つまり、哺乳類を食べるよりは、鳥類や魚類、更に野菜などの植物という、系統的に離れたものを食べたほうが良いというわけです。

あれ、それでは肉とかは食べられないの?と早合点してしまいがちですが、決して食べていけないというわけではありませんのでご注意を。

ただ胃に負担無く腸に優しく吸収されるのは、そうだということです。

また、発酵食品も良いとされています。

ヨーグルトなどはもちろんですね。乳酸菌を摂取し、野菜や豆中心の食事を増やすと、それだけでお肌に良いということになります。

肌荒れをしているときは特に、良質のたんぱく質やビタミン類を含むものを色々食べることで、体内に良い栄養を摂取したいものです。

また、刺激物は良くないといわれています。
タバコはもちろんダメですね。

さらに、身体を温める食べ物を食べるのも効果的。
体温を上げることで代謝をよくし、お肌上に出た悪いものを早く消してしまいましょう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ