美容成分に満ちた小粒「アーモンド」がすごい!

アーモンドアーモンドが美容とアンチエイジングに良いと、テレビで放映されてから、さまざまな店頭では一時アーモンド品薄状態が続きました。

放送された内容によると「毎日23グラム程度のアーモンドを食べ続けると、老化の原因になる酸化が抑えられることによってアンチエイジングにつながる」というものでした。

ではなぜアーモンドが身体によい上に、抗酸化作用があるといわれるのでしょうか。

そもそもアーモンドは種子なので、「これから芽を出すぞ」というパワーに満ち溢れ、栄養素も発芽のための良い栄養分がたっぷりと含まれているということが大きいといえますね。

スポンサードリンク



あの小さな粒に、栄養満点というのが魅力ということです。

そしてアーモンドに含まれている栄養素は、ビタミンE、オレイン酸、ポリフェノール、食物繊維、ビタミンなど、まさに美容成分といえる良い栄養素があげられます。

特にビタミンEは、抗酸化作用に優れているため、アンチエイジングのための栄養ともいえるのです。
そしてその豊富さは、私たちが1日に必要としている量8ミリグラムを、23粒食べることによって網羅することができるほどなのです。

そこで、毎日23粒食べましょうということにつながっているのですね。

更に、食物繊維も豊富で、意外にも食物繊維が豊富とされるごぼうよりも、およそ2倍もの食物繊維が含まれているというのです。

油分が多く、カロリーが高いんじゃないの?というイメージがどうしてもぬぐいきれないアーモンドですが、その油分についても「アーモンドオイル」はキャリアオイルとして使用されていますが、肌への保湿力に優れているということで、肌への効果も期待されています。

乾燥肌の改善にも役立つといわれています。

またオレイン酸は、善玉コレステロールとして、腸内でも活躍してくれるので、腸内環境を整えるためにも摂りたい栄養素ですね。

これらの理由をざっとみても、アーモンドが優れた美容成分に満たされた、食材だということがわかります。
効果的に食べることで、ある意味食べる美容液効果を期待できそうですね。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ