なすを食べて、美しく【驚くべき美肌効果とは?】

旬があることを忘れてしまう野菜の一つ、ナスですが、畑になっているのを見かけるのは夏、旬も6月から9月くらいの野菜です。

なす「秋茄子は嫁に食わすな」という諺もとても有名ですね。

これは「美味しすぎるから食べさせたくない」という説と「身体を冷やすから、食べさせたくない」という相反した説の二つがあるといわれています。

どちらにしても秋のナスはおいしいということを言っていると言えるのですが・・・

ナスも、様々な形のものが売られていますが、これらは産地によってさまざま、賀茂なすのように、産地の名前が付いているナスも多いですよね。

スポンサードリンク



調理法によって形を選んで使い分けるのが一般的です。

ナスは、カリウムの豊富な野菜ですが、あの独特な紫色の皮に含まれる抗酸化作用・抗がん作用を持つ栄養素も豊富に含まれています。

それはポリフェノールです。

この抗酸化作用は、赤ワインがブームになった時にもずいぶんといわれましたが、とても効果的です。

またアンチエイジングにも効果があり、発がん物質の活性化を抑える働きもします。またアントシアニンも含まれていて、これはどちらかといえば、ブルーベリーに含まれていることでご存知の方も多いのではないでしょうか。

このアントシアニンは血圧上昇を緩やかにする作用があり、視力回復や眼精疲労にも効果があります。
さらに、コラーゲンを合成するときにビタミンCを助けるルチンや、コレステロール値を下げる作用や抗がん作用を持つナスニンなども皮に含まれています。

このナスですが、皮に含まれているルチン、水に溶けやすいので、切ったナスを水にさらしすぎると流出してしまいます。

さらす時間に気をつけたいものです。

またこのルチンの効果を更に効果的に利用するためには、ビタミンCが豊富に含まれている食材と組み合わせる方法も。
また豚肉と一緒に調理するのもお勧めです。

またナスは油とも相性が良いので、炒めて食べるのも理にかなっているんですね。
ちなみにキズのあるナス、敬遠していませんか。

実はキズのあるナスの方が栄養価が高くなっています。
キズを治そうとする働きが栄養価を高めているのです。
野菜のパワーをうまく私たちの身体に取り入れたいものです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ