人参で、健康と美容を手に入れる【驚くべき人参の秘密!】

子供が嫌いな野菜の一つとして、人参があげられますね。

にんじん大人になるまでには食べられるようになる方も多いのではないでしょうか。
独特の香りが苦手に思う子供が多いのかもしれません。

人参の栄養素の代表的なものといえば、ベータカロチンですよね。
このベータカロチンは、体内に入ると大活躍をします。

体内でビタミンAとなって肌や粘膜のうるおいを保ち、抗酸化作用で活性酸素から身体を守ります。

スポンサードリンク



さらに眼にも良い作用があり、疲れ目にも効果があります。

美肌お姉さん人参にはまた、アルファカロチンも含まれています。
これはまた抗酸化作用が強く、ベータカロチンの10倍ほどあります。

抗酸化力は、活性酸素の動きを抑える働きが主なものですが、その活性酸素は身体を老化させて、肌の老化や衰え、生活習慣病や癌などの引き金になってしまうものです。

でもウィルスを攻撃するときには、活性酸素が働くので、全く無いと困るものでもあります。

とはいえ、年齢が上がるにつれ、活性酸素が多くなり、そこから受ける害も多くなります。

そこで人参のように抗酸化作用が強い食品を食べることで、活性酸素を抑制することが大切になってきます。

もしかしたら、子供が人参嫌いなのは、抗酸化作用をそれほど欲していないからなのかもしれませんね。

また人参には他にも、食物繊維であるペクチン、ビタミンB1、B2、C、カリウム 鉄、カルシウムなども豊富に含まれています。
これらは便秘や動脈硬化、高血圧、血行不良、貧血に効果があります。

血液の流れを滞ることなく、身体の中を、動かしてくれる働きがあるのですね。

また、リコピンも多く含まれていますが、こちらも抗酸化作用があり、美容に嬉しいことに紫外線からうけた肌ダメージの回復効果があるといわれています。

人参に多く含まれるベータカロチンは油と相性が良く、油溶性なので、油で炒めると吸収率がアップします。

ぜひ野菜炒めや、ソテーなどで沢山食べたいですね。
また逆に酢には弱いので、なますなどの酢の物、ピクルスにしたものはベータカロチンの力が弱まっているということですね。

秋から冬にかけてが本来の旬の人参です。
とはいえ1年中手に入る人参、美容のためにも多く摂りたい食材の一つです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ