「ツバメの巣」の美容と健康への効果ってどのくらいあるの?

ツバメの巣

材料は、インドネシアをはじめ、マレーシア、タイといった東南アジアの海岸地帯に生息する
アナツバメの巣。唾液腺の分泌物のみから作られ、中国では「燕窩」と呼ばれ、希少性から、
輸出入に規制がかけられるほど。

ツバメの巣に含まれる美容成分とは?

たんぱく質、コラーゲン、カルシウム、リン酸、ナトリウム、カリウム、ビタミンA・B1・B2、
鉄分、シアル酸を豊富に含有し、中国では、6世紀ごろから食べられていました。

滋養強壮、体質改善をはじめ、喘息や咳など、肺機能の回復や胃腸の不調を和らげる薬膳と
しても知られ、美容面では、アンチエイジング効果と美肌をもとめて、楊貴妃が愛用していたという伝説が。

この「ツバメの巣」、現在は、アンチエイジング系のサプリメントや、化粧品にも配合されるように。カギを握るのは、成分であるシアル酸です。

シアル酸とは、細胞表面の糖鎖末端に存在する糖の一種(酸性糖)。
人の唾液、細胞や脳、母乳(初乳)などに存在しており、細胞の表面に存在することで、
ウィルスや細菌などが細胞に感染する際の防御機能としての働きをもちます。

「ツバメの巣」の含まれるシアル酸は、ローヤルゼリーの200倍
サプリメントには、血行促進をはじめ、免疫機能を向上してインフルエンザなどの感染症を
予防、がんの転移を抑える効果がうたわれています。

ツバメの巣の美容効果は?

化粧品への配合は、たんぱく質と結びついて肌深部のヒアルロン酸やコラーゲンを活性化
することから、しわやたるみの予防効果が注目されています。

さらに、名古屋市立大学医学部の実験では、

頭皮にシアル酸を塗布した男性の50パーセントに育毛効果が現れたという発表も。

「ツバメの巣」は、広東料理として食したり、食材を購入して自分で料理をこしらえてみる
のもおすすめですが、なにぶん、高価な食材。
サプリメントや化粧品でその効果を確かめてみるほうが、お得かも…。

ぜひ一度、お試しあれ。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ