アンチエイジングに効果のある食べ物とは?

プレゼン女子食文化について考えると、私たちの住む日本はどちらかというと肉食というよりは米が主食であるうえに、魚や野菜を食べるという食生活を送ってきている期間が多いといえましょう。

もちろん、縄文時代などは野生の動物も食べ、海が近ければ魚介類も食べ、ありとあらゆるものを食べて生きていたこともわかっています。

よく戦後食事が欧米化し、日本人がかかる病気も変わってきたなどといわれますが、それでは欧米は現在どうなっているのでしょうか。

スポンサードリンク



近年、ベジタリアンが増えてきているといわれています。

ポイントそれも、健康維持のためという理由はもちろんですが、それ以外にも理由付けをしてベジタリアンになっているという方も多いのです。

健康維持というのも、根拠があります。

アンチエイジングという面からも、野菜中心の食事をしているほうが、抗酸化成分の摂取が多く、食物繊維やビタミン類を多く摂ることで、更に抗酸化作用が期待され病気になりにくいという効果があるのです。

また、いわゆるエコの面からも、ベジタリアンの方が地球環境に負担をかけないで私たちの生命維持に努めることができるという観点もあるようです。

つまり、簡単に言えば穀物や野菜をそのまま食べるのと、家畜の飼料として穀物を育てて、それを家畜がえさとして食べ、その家畜を人間が食べるという場合では、必要とされる穀物の量が全く異なっていくということなのです。美容という観点からは、ずれてしまいましたが、いずれにせよ野菜中心の食事を摂り続けることによって、血液成分が良くなり、病気にかかりにくくなるということがいえるのではないでしょうか。

 

私たちの体は、心臓がポンプの働きをして血液を体中に行き渡らせ、循環させることで機能しています。

健康的な美しさですから、その血液がキレイで滞りなく動き回ることが出来る状態なのが、健康であり、美容にも効果があるのですね。

ですから、美容に力を入れることはすなわち、健康でよい血液を造ることを考える生活をおくることに繋がるといえるのです。

そのためにも、毎日の食事は野菜中心にすることで、体内だけではなく全身の健康と美容につながっていくといえるのです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ