肌を綺麗にしたい人の為に【お肌の構造を徹底解説!】

皮膚の構造
当たり前のように存在している、私たちの肌。毎日のスキンケアで顔の肌はよく触る場所でもありますが、さてお肌の構造というのはどうなっているのでしょうか。

肌の構造を知ることが、実はスキンケアをきちんと理解することに繋がるのです。

大きく分けると3つの構成要素で成り立っているのが、皮膚です。

「表皮」「真皮」そして「皮下組織」です。

スポンサードリンク



表面にあるのが「表皮」ですね。

この表皮、皮膚全体から見ても0.2ミリ以下の薄さしかありません。それなのに実は更に4つに分けることができます。

外側から「角層」「粒類層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」となります。

ポイントこの表皮は、私たちが外からの刺激を受けても身体の中に入れないためのバリア機能と、逆に体内の水分が急激に外に失われないようにするための保湿機能をもっています。

一番外側の角層は、いわゆる「きめ」の部分にあたり、表皮細胞の死んだもの「角質細胞」が並んでいる間を、セラミド成分などの「角質細胞間脂質」が埋めています。

よく化粧カウンターや、エステカウンターなどでチェックすると、蜂の巣のような組織の並びを見せられることはありませんか。

規則的にキレイに並んでいる、そしてそのすき間もキレイに重なっている状態が、理想とされる肌の状態といわれています。

角層の下の基底層までの間ですが、その下の真皮と基底膜を挟んでくっついています。そして基底層が、細胞分裂し新たにケラチノサイトをつくります。

この細胞分裂がきちんと行われ、少しずつターンオーバーしていくことで、表面の角層までの旅が行われるというわけですね。

この基底層の中では、メラニンの元となるメラノサイトも生成されます。そうです、あの日焼けの元ですね。

ターンオーバーは、若いうちは正常に行われますが、加齢や睡眠不足、栄養不足などの要因からターンオーバーの周期が遅れたりすると、くすみやにきび、肌トラブルの原因になります。
ですから、肌、つまり皮膚の働きが正常に行われるようにすることが、スキンケアの基本となるわけです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ