レモングラスの効能は美肌のほかに、意外なものにも効果があった!

レモングラス
タイ料理に欠かせないトムヤンクンスープ、あの酸っぱくて辛いスープに欠かせないハーブの一つ、レモングラスをご存知ですか。

見た目は、笹というか、まさに草なのですが、その香りはレモンに似ています。

ドライになっているレモングラスが入っている場合が多いかもしれませんが、このレモングラス、実は香りだけではなくて効果もあるハーブなのです。

殺菌効果に優れ、筋肉の痛みなどを和らげてくれ、副交感神経にも効くので、消化促進作用があります。

スポンサードリンク



更に、皮脂バランスを整える働きもあるというのですから、美肌には嬉しい効果ですよね。

そして貧血予防効果もあるので、健やかなお肌つくりに欠かせない栄養が含まれているといえるのです。

ドライハーブのレモングラスは、お茶として飲む事ができますが、他にも肉料理や魚料理に入れると、生臭さを軽減してくれます。

そこで、インドなどではカレーを作るときに欠かせないハーブの一つとなっています。

また、フレッシュなレモングラスが手に入ったら、ぜひ刻んでお料理に入れてみましょう。

レモンに似た爽やかな香りと、強いくせが食べ物を美味しく演出してくれます。

好きであればやみつきになること間違いなしの、おいしさです。

レモングラスの楽しみ方は?

フレッシュレモングラスを1本、ベトナム料理のフォーに手でちぎって入れると、フォーが更に美味しくなる上にレモングラスの独特な香りが手にも付いて、気持ちがとてもリフレッシュします。

パクチーが苦手なのよね、という方も、こちらのレモングラスは大丈夫という方もいますので、香りの強いハーブは苦手と思わずに、手にとってみることをまずはお勧めします。

また、カレーに入れても、本格的な味を楽しむことができます。

ただし、このレモングラス、妊娠されている方とお子さんに使用するのは、控えたほうが良いといわれていますので、ご注意を。

見た目はただの草のようなレモングラスですが、東南アジアを始めとしたアジア圏では広くハーブとして利用されています。身体によい効果抜群のレモングラス、ちょっと取り入れてみませんか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ