低体温を改善するといいことだらけ!【美肌にも健康にも】いい影響があるって知ってました?

低体温
風邪やインフルエンザなどで、体温が上がると「これは大変!」と病院にいったり、体温を上げてしまっている原因を突き止めようと検査をしたりしますよね。

これは健康を維持するために当然のことですし、体温が上昇しているということは、何がしかの病原が影響していると考えますよね。

体内に侵入したウィルスや菌と、白血球が戦っている真っ最中とか。

でも、体温が低いということに気を配っている方って意外と少ないのではないでしょうか。

スポンサードリンク



「平熱が35度台」という話もよく聞きます。

特に、若い女性や、子どもに多いという話もよく耳にするようになってきました。

美肌先生それで、低血圧だから朝が辛くて仕方ないとか、実際に朝が苦手というのは、無理を重ねると疲労に繋がるし、しんどいですよね。

でも、体温が低いのって実は病気の原因になったりして、美容にも悪いのです。

血液の正常な循環と、きちんとした代謝が美肌にとても必要なんですね。

それなのに、体温が低いと代謝も活発に行われないし、代謝が行われなければ便秘を引き起こしたり、血液の循環が悪くなって肌がくすんでいったりします。

それに、体温が35度台というのは「がん細胞」が活発に動く体温でもあるのです。

よく、抗がん治療で高熱が出るとか、高熱を出して癌の細胞を叩くとかって聞いたことありませんか?その逆に、低体温ですと、がん細胞は元気になって動き回るということなんですね。

このように、体温が低いとあまり良いことはありません。

体温を上げると代謝がアップするからダイエットにも繋がる、なんて最近ベストセラーになった本にも書かれていました。

まさにそのとおりなんです。

代謝が下がると肌のターンオーバーのサイクルも遅くなるし、そうなると肌がざらざらしてくる、角質がなかなかとれない、これが積み重なったらやはり老化も早まるということなのです。

ですから、体温が低いということにもちょっと気を配って、朝から36度5分をめざしてみませんか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ