馬の油で、保湿効果抜群を実感!【その驚きの理由とは?】

お肌のためのスキンケア、クリームやオイルでマッサージなどをするという方も多いのではないでしょうか。

馬油どのような効果を狙うかで使うクリームやオイルを使い分けているというケースも多いでしょう。

頭皮にも、全身にも使えるオイルのひとつに、馬油があります。
馬油は、その名の通り、馬の油です。

たてがみの部分の油が最上とされているのですが、部位による差がどのようなものかは未判明な部分ではありますが、昔からヤケド、ひび割れやあかぎれなどに効くといわれ、薬として重宝されていました。

スポンサードリンク





また漢方ではアトピーなどにも効果があるとされて、処方する医院もあるほどです。

でも馬油というとベトベトしたイメージがありませんか。

確かに見た目と手に取ったときはベトベトしていますが、不思議なことに身体に塗ったとたんサラサラと伸び吸収されるのです。

これは馬の油が、人間の皮脂にとても近い自然の成分だということから、浸透率が高いのです。

そして広がりが良いので、きわめて少量で広範囲に伸びるという特徴があります。

保湿の膜も、皮膚に負担無くできるわけです。

そこで少しを、広範囲に伸ばすことでマッサージ効果も得られることになりますね。

気になるニオイですが、精油されて販売されているものは、ニオイがしません。

また食用肉と同じ成分なので、油ももちろん口にしても大丈夫です。

そして、豚肉や牛肉のようにコレステロール値の増加に影響する飽和脂肪酸ではなく、魚やオリーブオイルのような不飽和脂肪酸が多く含まれています。

これは飽和脂肪酸とは全く逆で、コレステロールの沈着を防ぐ効果があるので、さらに皮膚から浸透させることで効果が期待されます。

また昔からやけどの薬として使われてきたように、熱を取り去る効果があることから、お肌のかゆみなどにも効果があります。
さらに抗酸化作用や殺菌作用があるために、お肌を守る効果が期待できますね。

馬油って意外に効果が抜群で、少し驚きですが、お肌のために少量使ってみるのも良いかもしれません。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ