よく噛む効果は美肌にも健康にもダイエットにも!

美肌お姉さんアンチエイジングという言葉で、老化対策が語られるようになる以前から血管年齢などという言葉を聞いたことはありませんか。

血管も、他の臓器と同じように老化していきます。

スポンサードリンク



これは逆らえない老化の現象でもありますが、なるべくならその速度を抑え、血管の働きを丈夫にしていくことで、アンチエイジングにつなげる方法はないのでしょうか。

漢方に「医食同源」という考え方がありますよね。

スキンケアに興味のある方ならば、痛いほど実感している言葉ではないでしょうか。

ポイントちょっと刺激物を食べ過ぎたり、偏った食生活をしているとお肌に現れてくる、毎日鏡を見ているとちょっとした変化にも気づき、

「もしかしてあれが原因?」とナーバスになったことのある方は多いのではないでしょうか。

もちろん血管でも同じことがおきています。お肌は目で見て確認することができますから、気づきますが、

私たちの身体をめぐっている血管の変化は目で確認することはできません。それゆえに、気をつけて過ごすことが大切となってくるのですね。

まずはやはり、色々な食べ物をバランスよく頂くことが基本中の基本です。

偏った食生活はいけないと、わかりながらどうしても忙しさから簡単に済ませたり、同じものばかり食べてしまう、

これはやはり同じ栄養素ばかり摂るということになりますから、栄養的には良くないわけです。

また、血管の中、血流を良くする食べ方としては、よく咬んで食べることが大切です。

咀嚼することは、脳や消化器官の血流が増加することにつながります。

ですから、スキンケアからは少し話しがそれますが、病気で入院して咀嚼せずに栄養をチューブなどで摂取しつづけることは、

どうしても血流には良くはないということになります。

そうなると、歯も大切ですね、という話になりますが、これはひとまず脇においておきましょう。

また咀嚼して食べることは、消化を促す、つまり消化器官の血管をほぐすことにつながり、感染防御にも、またダイエットにも効果的とされています。
よくかむと、少しの量でおなかが一杯になるとも言われていますしね。

また、私たち人類は「餓えていた時代が長かった」ため、栄養を蓄えようという遺伝子の働きがあります。そのためにも「腹八分目」を心がけたいものです。

栄養の摂りすぎは、身体にも、肌にも良くないんですね。

また、お付き合いなどでどうしてもカロリーオーバーになってしまうことだってあります。

そんな時は、お食事会などの前後数日間で調整するように心がけるだけで、だいぶ変わってきます。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ