肌断食のやり方とその頻度は??

朝は洗顔フォームを泡だてて洗顔し、化粧水、乳液に美容液、UVケアに続いてお化粧のフルコース。

夜は、丁寧なW洗顔でお化粧を落とし、化粧水に始まって、乳液、ナイトクリームのフルコース。

これまでは、肌の隅々にまで気を配った、理想的なスキンケアをしてきたつもり。

スポンサードリンク



それなのに、肌荒れや吹き出物といった原因不明のトラブルに見舞われることが多い。

体調には、これといった異常はないのに…。

そんな方におすすめなのが、「肌断食(はだだんじき)」。

ポイント「肌断食」とは、これまで肌に与えていた栄養やら刺激やら、あれこれのスキンケアを、一定の期間、すべてストップしてしまうことです。

スキンケアを止めるわけですから、もちろん、お化粧もポイントメークだけに。

肌を、まったくの素の状態において休ませ、なおかつ、その状態をじっくり観察する、というものです。

「わー、お化粧をしないで人前に出ることなんて、絶対にできない。

それに、スキンケアをしなくなったら、ますます肌がかさかさ・しわしわになる」。

心配な方は、外出の予定の入っていない週末の土日や連休の2~3日間を使って、「肌断食」してみては。

用意するものは、アレッポの石けんなど、石けん素地100%の石けんと、白色ワセリンのみ。

ふだん使っている化粧品は、いっさい、登場させません。

やり方は、お化粧が落ちているなら、W洗顔はせず、石けんのみにします。

洗顔後に肌荒れが気になる場合は、しわ予防のために白色ワセリンを薄く塗る。

ただ、それだけを繰り返します。

意外にも、現在使っている化粧品が、肌に合うものでなくて、トラブルの原因になっていることに気づく場合も。

「肌断食」の目的は、肌が本来持っている力を確かめて、現在の肌が何を求めているかをよく知ること。

断食は、身体に限ったことだけではないのです。

悩まされている吹き出物の正体を知るためにも、「肌断食」にトライしてみましょう。

※常に肌の保湿を必要とするアトピー性皮膚炎の人は避けた方がよいそうです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ