顔のたるみの原因とは?【とある女優のとんでもない噂から導き出される真実】

美肌お姉さんとある昭和の大女優にこんな噂がありました。

「顔のたるみをぜんぶ頭の中に隠しているらしい、だから顔にシワができていないのだ」

つまり、顔がたるんでくるのを頭皮を引っ張りあげて縫ってしまう!ことで、たるみを引っ張りあげ、つらせているらしいという噂でした。

または、顔のたるみを引っ張り上げて、そこの皮をとってしまって縫いつぼめているとか。

真偽のほどはどちらにしても、この噂には重要な示唆が含まれています。

スポンサードリンク



つまり、顔の筋肉を引っ張りあげているのは、頭であるということ。

かおのたるみ

額の上にある筋肉と、頭皮と後頭部にある後頭筋、それから、僧帽筋(首から背中にかけて広がっている筋肉、僧侶がかぶる帽子の広がっている部分があたる場所といったらわかりやすいでしょうか?)が、顔の筋肉の引っ張りに影響しているのです。

頭は髪に隠れているからよくわからないし、顔は一番目立ちますからケアしなくちゃとなりますよね。そこで美容液などでとにかくリフトアップを目指したり、張りを失わないようにマッサージや美容液でケアします。

でも頭皮も繋がっているわけですから、頭皮ケアもしっかりしたほうが、アンチエイジングのためには、トータルで考えると必要となってくるというわけです。

頭皮ケアといえば、毎日のシャンプーを見直すことから始めてみませんか。

髪を洗うということはもちろん、頭皮を洗い血行をよくする効果のあるシャンプーに変えてみる。

たとえば、ノンシリコンシャンプーや、石鹸シャンプーに変えてみるだけで頭皮への負担は激減します。

合成された成分のポリマーで、髪をコーティングして、やはり合成された界面活性剤で皮脂を除去してしまうシャンプーは、そのときは髪もつやつやになるし、頭皮もさっぱりします。

でも、頭皮へのダメージも与えてしまっているともいえるのです。

シャンプーを変えて、マッサージを心がけることだけでも毛根や頭皮へのダメージを軽減し、顔のたるみにも効果が出てきます。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ