お肌のハリと髪のつやを維持させる【エストロゲン】とは?

クリニック生理前になると肌荒れが起きる、または生理中は普段使っていても大丈夫な化粧品に、肌が刺激を感じてしまう、などということはありませんか。

女性ホルモンの影響というのは、女性の身体の様々なところに出てきます。
特に、卵巣の年齢がすなわち、お肌の年齢とも言えるほど、卵巣機能は実は女性のお肌の状態を左右するものなのです。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

よく耳にするのは「エストロゲン」ではないでしょうか。

このエストロゲンは、卵胞ホルモンと呼ばれ、お肌の水分量を増加させ、

スポンサードリンク



ハリのもとコラーゲンの生成をキープする効果があります。

ですから、エストロゲンによってお肌の若さを維持できる、とか老化するという鍵のような存在なのです。
また髪のつややかさ、こしなどもエストロゲンの作用で維持されています。

エストロゲンのピークは20代、40代では下降していきます。

閉経とともにさらに減ってしまいます。閉経後、見た目で髪のこしや量、つややかさが失われたように感じるのはエストロゲンの減少が原因なのですね。

ということは、お肌や髪をいつまでも若々しく保ちたいのであれば、エストロゲンの減少をなんとかして緩やかにする、または減らないようにすることが重要なポイントとなります。

精神的なストレスなどや、無理なダイエットなどで生理が止まってしまった、または止まってしまうらしいという話を聞いたことはありませんか。

これはやはり卵胞ホルモン、エストロゲンの動きがきちんと働いていないということにつながります。

ですから、無理なダイエットや、強いストレスなどはやはり生理だけではなく、肌や髪にも影響が出てしまうということになります。
栄養面だけではない問題が、含まれているのですね。

それから、栄養の面で考えると、エストロゲンと同じ働きをする栄養成分の含まれている大豆製品を食べることも効果的です。

よく納豆、豆腐は女性ホルモンを活性化させる、などと聞きませんか。

納豆なら1日1パックを食べると十分に補給できるといわれています。

ストレスをなるべく溜め込まないこと、バランスのよい食事を摂ることで、女性ホルモンをしっかり働かせて、身体の中からのスキンケアにつなげていきたいものです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ