アンチエイジング 効果的なのはどんなお茶?

お休みの1日、おうちでほっとひと息、ティータイム。

otya

お茶は、何にしますか?コーヒー、紅茶、緑茶、それとも。

スポンサードリンク



仕事場では、コーヒーや紅茶、緑茶のカフェインやタンニンの渋みは、気持ちをしゃっきりさせてくれますし、夕方までの元気を与えてくれるもの。

でも、自宅でくつろぐ時に頂くお茶は、刺激が少なくリラックスさせてくれるものが一番。できれば、アンチエイジング効果のあるお茶が・・・そんなお茶が、あるのです。

アンチエイジングに効果的なお茶を3つ、ピックアップしましょう。

アンチエイジングにおすすめのお茶3つはこれ!

1)ルイボスティー
…南アフリカの西方に広がる山脈にのみ分布するマメ科の低木・ルイボスの葉を乾燥させて作ります。

紅茶とやや似た風味で、カフェインを含まず、タンニンも少なく、妊婦さんも赤ちゃんにも安全なお茶とされています。

フラボノールなどの抗酸化物質を含み、古くから不老長寿のお茶と呼ばれてきましたが、最近になって、青汁などでおなじみのSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ。活性酸素を抑え、細胞の老化を防ぐ効果がある)とよく似た酵素が含まれていることが判明。アンチエイジング志向の人びとの人気を高めています。

2)なた豆茶
…なた豆は、東南アジア原産、ナタの形に似た鞘が特徴のマメ科の植物で、日本へは江戸時代の渡来。現在、九州や関西で栽培されています。

タンニン「なた豆ポリフェノール」が赤ワインより豊富に含まれ、抗酸化作用とデトックス作用が、アンチエイジングを手助けしてくれます。
香ばしさはありますが、くせのない風味です。

3)黒豆茶
…おせち料理に欠かせない黒豆は、別名・黒大豆。黒豆茶は温かくした時の麦茶に似た香ばしい風味を持っています。カフェインはありません。

大豆イソフラボンは骨粗しょう症を予防の手助けをしてくれ、ポリフェノールの1種・アントシアニンは、血液をサラサラにする効果があります。

また、美肌をつくるビタミンB、生活習慣病を予防するビタミンEが含まれ、豊富な食物せんいには便秘の改善効果も期待できます。

以上、3つのお茶をご紹介しました。

注意事項としては、人によってアレルゲンとなることもあります。大豆アレルギーのある方はドクターへの相談がベターです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ