エイジングケアで心身ともに健やかに。アンチエイジングを実践する「日本抗加齢医学会」

【“加齢に抗う”学会がある】

eizingu

人間の加齢にスポットを当て、“加齢(老化)に抗う”抗加齢医学の実践を目指す学会があります。

その名も「日本抗加齢医学会」。名称通り、まさにアンチエイジングのための学会です。

発足は2000年。どうしてこのような学会が発足したのでしょうか?

スポンサードリンク



皮膚のしわ伸ばしやたるみのリフトアップなどで美容皮膚科や美容外科のお世話になる「見た目の若返り」が一般的になったから?

それとも、近年の、若さを保ちたい願望のかつてないほどの高まりによるものでしょうか?

どちらも“ハズレ”です。(^^;

【目標は心身ともに健やかな生活】

こちらの学会の存在理由は、来るべき超高齢化社会にあります。

メディアで報じられているとおり、現在、日本の総人口に占める65歳以上の高齢者人口は25%。4人に1人が高齢者です。

そして、10年後の2025年には、3人に1人が65歳以上となる超高齢化社会が幕を開けます。

koureika

特に日本は、少子化も相まって、世界でも例のないスピードで高齢化が進行中。
持病などの多い高齢者の医療費は、やがて国庫を圧迫すると予測され、医療費の抑制は、今や国家的な課題となっています。

「日本抗加齢医学会」が目標とするのは、個人が満足するアンチエイジングではなく、増大する一方の医療費の抑制という、国家の経済効率の改善も含んでいるのです。

生活習慣病をはじめ、高齢者は病気に罹患する率も高くなります。
病気を未然に食い止めるだけでなく、身体・こころ両方の健康にも配慮した適切なエイジングケアが必要です。

公式ページ→http://www.anti-aging.gr.jp/

同学会では、生活習慣の改善から、食事・運動・ストレスマネジメントなど、専門分野ごとの専門医が所属しており、それぞれの持ち場であるクリニックなどで抗加齢医学を実践しています。

健康はもちろん、美容、こころの面など、すべてにバランスのとれた老後を目指す方は、「日本抗加齢医学会」認定医の診断とアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ