首のたるみを解消!美しい首、どうつくる?顔だけじゃ片手落ち!

肌を露出する夏は終わりましたが、ほっとするのはまだ早い。
これからの季節、ひとから見られることが多い身体の箇所があること、お気づきですか?

スポンサードリンク



それは、首。外出時はマフラーで隠れますが、お洒落着や改まった服装をした際に、案外目立つものなのです。

とくに、40代以降では、首にたるみやしわが現れやすくなり、首でトシがわかる、などと言われがち。

理由の一つは、首が、1年中、外気や紫外線にさらされているのに、顔のように丁重にケアをされなかったことによる“経年劣化”。

二つ目は、高い枕を使用することによって首の皮膚が伸びたことが挙げられます。

何よりも、首の皮膚は直接、筋肉とつながっていないため、顔よりもたるみが早く起こりやすいこと、ご存じでしたか?

顔はきれいなのに、首は!?ということのないように、首もきちんとケアしてあげましょう。
ケア方法は次のとおりです。

1.化粧水による保湿→
 コットンにつけるよりも、手に取って優しくハンドプレスすることが効果的。

2.マッサージ→
  ネッククリーム(市販されています)を手にとって、ゆっくりと息をはきながら、

  耳下腺を両手の中指で5秒間、押す。
  耳下腺から首の側面に沿って、再び、息をゆっくりと吐きながら、鎖骨まで、指全体を
  滑らせる (老廃物を押し流すような感じで)。
  鎖骨のあたりに指を4本当て、鎖骨から外側(肩先)へ向かって指を滑らせる。こちらも、
  ゆっくりと息を吐きながら。※毎日の習慣として行うのがベター。

3.UVケア→
 顔と同じように、日焼け止め対策も始めましょう。1回の使用量は500円玉くらいを、丁寧に
 肌に乗せる。

4.適性な高さの枕に変更する。

5.全身を使ってのエクササイズ→
首を長く伸ばす基本姿勢を意識することが大切。
肩甲骨を立てて、肩と首を体の中心に置く。お尻を持ち上げ、下腹部(おへその下) に力を入れる。
首をすっと伸ばすことによって、プロポーションも美しく見せてくれます。

お顔と同じように美しい首の持ち主、目指したいものですね!




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ