【アンチエイジング】  しわやたるみを薄く…「ボトックス」治療の効果はどんなの?

腸内環境ある年代に差し掛かると、鏡を見るたびに現実を直視させられるのが、顔のしわやたるみ。

これを少しでも薄くできたら、ずいぶん気分が晴れるんだけどなあ、なんて方、少なくないのでは?

見た目の若返りが図れるアンチエイジング医療の1つ「ボトックス」治療をご存知ですか?

ボトックス」とは、A型ボツリヌス毒素製剤の商品名。

しわやたるみの出ている部分の筋肉に「ボトックス」を注入することによって筋肉を麻痺させ、皮膚の内部からしわやたるみが改善されるというものです。

スポンサードリンク



ボツリヌス菌って、バイオ兵器の…?!かつてはオウム真理教も兵器として研究していました。

ポイント一瞬、びっくりするのですが、ボツリヌス中毒とは、食べることによって起きること。

「ボトックス」に使用されるA型ボツリヌス毒素製剤とは、生きたボツリヌス菌から毒素を取り除いて抽出したタンパク質からつくられています。

筋肉の収縮を止める作用をボツリヌス毒素は、その性質から、まずは難病の治療に使われてきました。

頸性斜頸(首が傾いたり捻じれたり、震える)や斜視(両眼の視線が正しく目標に向かわない)などへの治療薬として用いられています。

効果は、最初の施術から3~8カ月ほど持続し、その後は8か月ほどに1回の施術で、今後にできるしわがより深くなることを防ぐ効果もあるそう。

「ボトックス」は一方、アポクリン腺の働きを弱める作用も。

美肌先生多汗症や、汗が大量に汗をかくことによって起きるわきがも軽減してくれます。

手軽さが人気の「ボトックス」ですが、注意点としては、注入する場所や注入する量といった細かい調整に、医師の技量が
問われるもの。

施術をする医師の腕と経験次第で、仕上がりにも変化が出てくるそうです。

失敗例としては、顔がデコボコする、眼瞼下垂(まぶたが垂れる)になった、などがあります。

費用はクリニックによって開きがありますから、治療を希望する場合は、医師の治療経験などをインターネットなどでじっくり調べてから診察を受けることをおすすめします。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ