シミについて。肝斑を知っていますか?

シミの悩みを抱え、日々の忙しい時間をかいくぐって、ようやくたどりついたクリニック。

美肌先生皮膚科の専門医から、「これは、肝斑(かんぱん)ですよ」と診断され、聞き覚えのない病名に驚かれる方は多いのでは。

お医者さんから漢字を教えてもらい、、肝臓病に関係があるんですか?と慌てて確かめると…。
肝斑は、30~40代の女性に多くみられるシミです。病気が原因ではありませんよ、との返答が。

命にかかわる病気でないことを知って、ほっと胸をなでおろされる方は多いでしょう。
30~40代というと、そうか、ワタシもお年頃だわ、と。

スポンサードリンク



では、肝斑とはどんなものでしょう。

肝斑の特徴は、頬骨を中心として、頬全体や頬骨の上に左右対称に広がるのがほとんど。
シミがポツポツとたくさん点在するのではなく、うっすら広範囲に、茶色っぽくなるのです。

毎日鏡を見るたびに、昨日は薄くなっていたのに、今日は濃い…と一喜一憂。
治療をしないままでは、これを繰り返すことになります。

お医者さんが説明してくれる肝斑の原因とは。

紫外線はもちろん、疲労や体調不良、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが主なものだそう。

ストレスはメラニン色素を増殖させ、シミを増やすとのこと。妊娠や生理など、黄体ホルモンの影響もあるとのこと。

美白をうたっているけれど、高価だし、と使用を躊躇していた化粧品を購入するよりも、安心感もありますよね。

決められた処方と注意事項を守って肝斑の治療ができるなら、通院やクリニックに通うのは一番合理的な方法ではないでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ