シミの種類は豊富!まずは【専門のクリニックで診察をオススメ!】

最近、10代のうちから美白化粧品を使う方、増えていますよね?

クリニック一時期、シミに苦しめられた身としては、後々の事を考えると、よい心がけではないでしょうか。

でも、心の底からシミが気になってくるのは、30代も半ばを過ぎてから。
くすみかけた肌の理由がシミとわかって大慌て。何とか対策を、と考え始めはじめるのですが…。

シミの主な原因は、日焼け、加齢、ストレスにあることはわかりました。

そうか、じゃ、UVアをして、ソッコーで美白化粧品を買って、お手入れスタートよね!

スポンサードリンク



もちろん、それもよいのですが、まずはクリニックへ足を運んでみませんか?

健康的な美しさそれも、きちんと美容皮膚科や皮膚科専門医を標榜しているお医者さんを選ぶことが肝心です。

知人の話ですが、シミが気になり、近くの皮膚科に行っておじいちゃん先生の診察を受けたら、「そのぐらいの年齢になったらシミはあたりまえのことだから、気にしない方がいいよ」などと励まされ(?)、意気消沈してしまったそう。

たしかに、重い火傷や皮膚がんの患者さんと比べて、シミは命に関わる病ではありませんから、無視するお医者さんも少なくないようです。

知人は、その後、まさにドンピシャなクリニックを見つけ出し、シミ治療にこぎつけ、思っていた以上の 効果に喜んでいました。

知人の話はさておき。
クリニックへ行く前には、まず、シミなどの治療をやっているお医者さんかどうかを確認しましょう。

最近では、シミ治療を行うクリニックは、たいていホームページを持っていて、診療内容も確かめることができます。

シミとひと口に言っても、種類と病名はたくさんあります。

日光性色素斑」「雀卵斑」「日光性花弁状色素斑」「ソバカス」「肝斑(かんぱん)」「脂漏性 角化症」「老人性色素斑」などもあり、美容というアプローチでは解決できないものも。
実はシミの原因はある特定の病気だった、ということもあります。

自分のシミはいったい、どんな種類なの?原因は?

子育てや仕事に多忙を極める世代だからこそ、まずは専門家の診断を仰いでみませんか?




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ