「ボトックス」効果を30%持続させる薬は?副作用は?!

美肌先生筋肉にA型ボツリヌス毒素製剤を注入することによって、目立っていたしわやたるみを内部から改善する「ボトックス」は、広くおなじみとなっています。

ボトックス」の効果は、最初の施術から1週間後に現われ、3~8カ月ほど持続するもの

スポンサードリンク



けれど、個人差もあって、効果が一定せず、1年ももたないことなどで、何度も注入に行く必要がありました

そこへ登場したのが、効果を長引かせてくれる「ザイターゼ」という薬剤です。

ポイント「ボトックス」が効果を出すためには、体内で亜鉛の分子と結びつく必要がありますが、

「ザイターゼ」は、亜鉛の吸収を最大化して「ボトックス」の効果を高め、その持続期間を、約30%も伸ばしてくれる補助サプリメントです。

「ザイターゼ」の用法・用量は、「ボトックス」施術日の4日前から当日までの5日間、1日2回、食事中に2カプセルを服用するというもの。

カプセル状、ひと箱10カプセル入り(5日分)で、価格はクリニックによって異なりますが、15000円前後となっています。

成分は、クエン酸亜鉛25mg、フィターゼ500mg、二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウム、結晶セルロース

亜鉛の吸収もそれぞれで、吸収の悪い亜鉛が、吸収のよいの亜鉛の吸収を妨げてしまうことが少なくありません。

「ザイターゼ」は、フィターゼと有機亜鉛の組み合わせによって、亜鉛の吸収を最大限引き出し、「ボトックス」効果を高めてくれるそう。

「ボトックス」を受ける美容皮膚科(美容外科、形成外科)で、「ザイターゼ」とのセットで施術を受けることをおすすめ。

副作用は発表されていませんが、食事中に服用しないと、吐き気や下痢、めまいなどの症状が現れるそうです。

注意事項としては、他の薬剤やサプリメント服用の前後2時間は、服用を避けること。

もちろん、亜鉛の吸収を阻害する

アスピリン・アジドチミジン・ジドブジン・カプトプリル・エナラプリル・ピル・ペニンシラミン・チアジド系利尿剤

を服用している場合は、「ボトックス」の効果は期待できません。

医師に相談しましょう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ