「キレーション」の効果とは?それは【デトックス・抗酸化!】副作用は?

美肌先生身体の中から有害物質を除去するデトックス、ゲルマニウム温浴や岩盤浴などによっておなじみですが、究極のデトックスといわれる「キレーション」をご存じですか?

「キレーション」とは、EDTA(合成アミノ酸)を点滴することによって、知らず知らずに私たちの体内に蓄積された有害な重金属を排出するデトックス療法です。

重金属とは、水銀、鉛、ヒ素、カドミウム、アルミニウム、他…。

スポンサードリンク



アルミニウムや水銀がアルツハイマーの一因に、鉛が動脈硬化の原因に。猛毒のヒ素も、農薬に含まれていることはご存知のとおり。

「キレーション」の始まりは、第一次大戦時、毒ガス攻撃を受けた兵士の解毒治療に使われたこと。

20世紀半ばには、炭坑労働者の鉛中毒の解毒治療としてアメリカで始まり、治療の結果、動脈硬化を原因とした心臓疾患にも効果のあることがあきらかに。

現在のアメリカでは、血管や動脈を若帰らせる動脈硬化治療の一環として広く採用され、治療効果は90%に上るとされ、

その抗酸化作用から、アメリカでは身体の内側から若返るアンチエイジング療法として30年の歴史が。

日本でも、アンチエイジングメニューを盛り込むクリニックで行われています。

キレーション」の方法は、体内有害重金属の蓄積を尿誘発試験や毛髪ミネラル検査によって診断してから、1回につき90分以上をかけて、EDTAをゆっくり点滴。1~2週間おきの点滴を10回でワンクール、間に検査をはさみ、改善状態を数値で確認しながら、数カ月後に2クール、3クールと続けていきます。

 

疲れにくくなった、もの忘れをしにくくなった、肌がキレイに、など、じょじょに改善を自覚する人が多いそうです。

中には、夜遊びやお酒など、たっぷり不摂生が楽しみたいから「キレーション」を続ける、という“不届き者”もいるようですが…。

料金は、1回につき15000円前後のクリニックがほとんど。

副作用としては、点滴をしている間に腫れや点滴をした腕のだるさ、頭痛、めまい、吐き気が起こることも。

そんな時は、いったん点滴を中止し、様子をみるそう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ