大人にきびの治し方のひとつに「皮脂線凝固法」があります!

大人ニキビ皮脂線の活動が活発になる10代から20代前半までのにきびって、青春まっただなか、の印象。

それが、20代半ばから30代といったより年齢層の高い人びとの「アダルト(大人)にきび」ともなると、様相が変わってきます。

あちこちに散発する若いころのにきびと異なって、顎や額、背中の同じ場所にプツプツと、白い膿をもったにきびが繰り返し発生するのです。

化粧くずれがしやすい上に、皮脂の酸化によって顔や頭皮から発散される独特のにおいも気になって…。

スポンサードリンク



不潔感も漂って、悩みの種ですね。

原因は、皮脂が過剰に分泌されることと、皮脂が排出されずに起こる毛穴の詰まりが角栓化したこと。

ポイント肌に合わない化粧品の使用や、睡眠不足などの不規則な生活、ホルモンバランスやストレスも理由とされています。

そんなお悩みを改善する治療法に「皮脂線凝固」があります。

にきびを続発させる原因となっている皮脂腺を、使用して皮脂線を熱によって凝固し、

半永久的に皮脂の分泌をストップさせてしまうというもの。これによって毛穴も縮小します。

施術は、医師の診察とカウンセリングの後に行われます。

まず皮脂・角栓・膿をかき出した後、毛穴に絶縁電気針を入れ、皮脂線を焼いて収縮させ、皮脂の分泌を止めます。

施術後、お化粧や洗顔、入浴ともに当日から可能。

施術後数日のうちに腫れや膿などの滲出物がでてききますので、この時にクリニックへ足を運んで診察を受け、医師に滲出物を除去してもらいましょう。

赤みや腫れは、人によっては1カ月近く続くこともあります。赤みはお化粧の際にコンシーラーで隠すことができますが、

赤みが続いているあいだは、皮膚が非常に敏感になっていますので、紫外線対策は必須です。

医師は、にきびの状態によって、1カ月から2カ月の間に3回から5回ほどの施術を推奨しています。

料金は、にきびが10個の治療に対して30000円前後。このほかに血液検査などの費用が。

治療を受けられない人としては、金属アレルギーやケロイド体質などがあげられます。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ