しわや小じわをホームケアで改善「オバジ ニューダーム システム」の効果とは?

美肌お姉さん肌のダメージであるしわやしみは、加齢はもちろんのこと、紫外線、金属アレルギーなどを原因として起こります。

これらの悩みを改善する治療方法として、「オバジ ニューダーム システム」です。

6週間をワンクールとして3クール、合計18週間をかけて新しい皮膚の再生を促す皮膚のアンチエイジング治療です。

スポンサードリンク



オバジの名は、システムを考案したアメリカの美容医療の権威・オバジ博士の名前からとられました。

治療方法は、まずはじめに医師の診察を受けます。

肌質や肌の抱えているトラブルを医師が診断し、その人に最適なシステムを作成してから、ホームケアがスタートするかたちとなります。

使用される化粧品は、洗顔料、化粧水、美容クリーム、日焼け止めクリームといった7点のアイテム。

医師の指示のもと、これらを使用してスキンケアを行い、定期的に医師のもとに通いながら、18週間、ホームケアを続けます。

事前に知っておきたいのは、このシステムによって、じょじょに肌が改善されていきましたとさ、という平板なストーリーとはいかないこと。

およそ6週間ごとに、肌が生まれ変わるための何かを体験することになる18週間をどのように過ごすかが、治療中の人びとの共通の話題となるのが「オバジニューダーム システム」の特徴なのですから。

ケア当初の数週間(1クール)は、東洋医学などでいわれる好転反応のようなことが大なり小なり、起こります。

「肌が肌が乾燥して真っ赤になり、人前に出られなくなった」「皮がポロポロ剥けてきて、みっともない」「かゆくて仕方がない」などなど…。でも、これにはガマンが肝心。皮が剥けるのは古い角質細胞が剥がれおちている証拠で、これによって新しい皮膚に生まれ変わろうとしているのです。

 

2クール」あたりから、肌の感触が変わってきて、改善が自覚できるようになります。

3クール」で、みずみずしく弾力のある肌の完成です。

しみや小じわ、肝斑にも効果がある「オバジ ニューダーム システム」。

美白向けのトレチノインの配合されたクリームもありますが、まずは医師の診断を受けてみませんか?

自宅でオバジを体感したいというかたは、オバジ専門医による無料アドバイスつきのサービスもあるので試してみてはいかがでしょう?






スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ