美容【リフトアップ、にきび痕や赤ら顔】も改善「ジェネシス」の効果とは?

にきび痕のデコボコをはじめ、毛細血管が透けてみえる赤ら顔、毛穴の開きが収まらないなど、

肌の上に現われたさまざまなお悩みに対応する治療法として「ジェネシス」があります。

現在、ダウンタイムが最も少なく、皮膚への刺激の少ない治療法といわれる「ジェネシス」は、光治療の一つで、ヤグレーザー(波長:1064nm)という長い波長をもつレーザー機器を使用。

スポンサードリンク



ヤグレーザーを皮膚に照射すると、真皮の下にある線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの産生が促されます。

それによって、肌のきめがこまかくなり、にきび痕の赤みや黒ずみ、デコボコが改善されます。

赤ら顔の場合は、毛細血管が収縮するため、赤みが改善されるというもの。

さらに、加齢によって線維芽細胞が衰えた肌は、ハリを取り戻してたるみが引き締まり、リフトアップも可能に。

「ジェネシス」はアンチエイジング治療にも使われているのです。

施術は、医師の診察後、医師とのカウンセリングを行い、治療計画を立ててから行われます。

はじめに、レーザーから目を保護するためのアイシールドを装着します。ヤグレーザーを皮膚から数センチ離して照射する施術時間は、わずか10分ほど。

施術時の痛みが少ないのも特徴で、照射している箇所は暖かさを感じるだけ。

施術後の日焼けを避けることを除けば、ダウンタイムもほとんどなく、お化粧をして帰宅でき、洗顔やシャンプー、入浴もその日のうちに可能。

ほとんどのクリニックは、3~4週間に1回ほどの施術を推奨。続けることによって、肌質が改善されるとのこと

料金は、1回2万円前後のクリニックが多いようです。

「ジェネシス」を受けることができないのは、リフトアップ手術を受け治療を受けたひとが挙げられます。

レーザーの熱によるトラブルの発生の可能性があるため。

また、メラニン色素はこのレーザーの波長に吸収されないため、シミについての改善は期待できないそうです。

ご自分の肌と相談しながら、じっくりと考えてみてください。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ