深いしわやゴルゴ線の消し方で有名な「レディエッセ」とは?

ポイント深いしわをはじめ、いわゆる“ゴルゴ線”、ほうれい線に対しての治療に「レディエッセ」があります。

「レディエッセ」とは、『カルシウムハイドロキシアパタイト』とジェルを皮下に注入することによって新しい皮膚組織をつくりだし、皮膚にハリを生むというもの。

スポンサードリンク



『カルシウムハイドロキシアパタイト』は、カルシウムとリン酸からなるバイオセラミックで、骨の代わりとなるほどの性質の固さをもっています。

深いしわ、鼻筋を細くしたり、顎を尖らせるなどの治療には最適な「レディエッセ」ですが、失敗例として、施術した箇所がデコボコして見えたり、しこりができるなどの例もあり、目の下の浅いしわや唇・額といった皮膚の薄い部分への注入には向かないとされています。

持続期間は1年半~。じょじょに体内に分解吸収されますが、そのかんも皮膚内の組織に留まり、コラーゲンを産生し続けて皮膚のハリを保ち続けるそうです。

施術は、じゅうぶんなカウンセリングの後、施術日を予約してから行われます。

局所麻酔クリームが使用されますが、神経ブロックという麻酔をかけて行われることもあるそうです。

ダウンタイムは数時間ほど。かるくお化粧をして帰宅が可能です。

人によっては薬剤にアレルギー反応が出たり、施術時に太い注射針を使用するため、腫れや赤みが強く出たり、皮膚内に浅く入れたために、皮膚の表面が白いミミズ腫れのようになってしまうことも。

また、その性質の固さから、施術後に元に戻したくなった場合も、すぐには戻すことができません。

金額は『カルシウムハイドロキシアパタイト』の注入量によって決められます。一例としては1.5ml:52500円。

クリニックによってさまざまです。

神経ブロックの麻酔が的確であるか否か、『カルシウムハイドロキシアパタイト』の注入量など、医師の技量と経験がものを言う施術。

医師の情報は日本美容医療協会(JAAM)のホームページなどでも確かめることができますので、よく調べてから診察を受けましょう。

 




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ