アンチエイジング たるみを根本的に改善する切開手術「フェイスリフト」とは?

ウン10年前、私が10代だった頃、美容院で何気なく開いた映画雑誌で、その美しさに目が釘付けになったハリウッドの女優さんがいました。

ところが、写真のキャプションを読んでびっくり。“皮膚のたるみを引き上げる整形手術のおかげで若返った”なんてリアルなことが…。

手術方法まで記載されていました。傷口が目立たないよう、髪の中の皮膚を切り取って、たるんだ皮膚を吊りあげる…、あの時代の思春期の少女には、ショックでした。

その手術の名称は「フェイスリフト」。

かつてハリウッド女優や一部の人のものだった「フェイスリフト」も現在では、たるみを根本的に改善する最も効果的な手術として、広くおなじみ。

スポンサードリンク



通常、改善された状態は、おおよそ10年続き、半永久的にキープされる人もいるそうです。

手術方法は、医師とのカウンセリングの結果、改善を希望する箇所をあらかじめ決められた線に従って

切開し、余ってたるんだ皮膚を取り除き、さらに皮下組織にあるSMAS(表在筋膜)のたるみを引き上げ、じん帯を固定する縫合を行うというもの。

麻酔が必要で、ケースによっては、全身麻酔となります。手術の所要時間は、1~数時間。

手術直後は、数日間、腫れる場合もありますが、通常は1週間ほどで抜糸を行います。

手術後には、1ヵ月後、3ヵ月後と、定期な検診が必要です。

通常は日帰り手術ですが、切開する箇所が大きい場合、入院することもあります。費用は50~100万円前後、かかります。

シャンプーは、抜糸後にようやくOKとなり、いわゆるダウンタイムはけっこう長い時間がかかりますから、

仕事を持つ方は長期休暇などにスケジュールを組むことが必要です。

注意点としては、医師に自分がどのようにしたいかを正しく伝え、改善すべき個所を医師と共有することが大切。

そのためには、「フェイスリフト」を行う美容外科と費用の情報をあらかじめ収集しておきましょう。

そして、担当する外科医が「フェイスリフト」をはじめとした美容整形手術を専門としていることが医師会で承認、

認定されているか、経験が豊富か否か、の確認も必要です。

症例を見せてもらったり、同じ医師に手術を受けた人に話を聞けるとベターですね。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ