しわ、たるみをレーザーで改善、「ポラリス」とは?

手術をしないでしわやたるみを改善するアンチエイジング医療の一つに、「ポラリス」があります。

スポンサードリンク



「ポラリス」とは、アメリカのFDAから認可された「リフトアップトリートメント」を可能とした最新のレーザー医療機器の名前で、ラジオ波(高周波バイポーラ/双極の電気メス)とダイオード・レーザーを組み合わせたもの。

改善を望む箇所に「ポラリス」を照射することによって、これまで手術をするほかなかった口元や目尻のしわ・たるみ、頬のたるみを改善し、若返りを図る治療方法です。

「ポラリス」の照射は、肌の表面から1.5~2mmほどの真皮層の温度を60-70℃に上昇させ、エネルギーの密度を高め、線維芽細胞まで働きかけるというもの。

ポイント真皮層にエネルギーを浸透させることで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の再生を促し、肌の弾力を取り戻してしわを改善させ、さらに毛穴も引き締める効果も。

施術が対応可能な箇所は、顔や首のしわやたるみ、妊娠線の改善はもちろん、毛穴の引き締め・にきび跡の改善、さらにバスト、ヒップを引き上げたい、などなど。小顔効果もあるそうです。

肌の表面は熱くならないために、肌に傷がつくことはありません。痛みもほとんどないとのことで、通常では麻酔もかけません。

施術にかかる時間はわずか10分ほど。他のエイジング治療と同様に、医師とのカウンセリング後に施術がスタートします。

施術後のダウンタイム(日常生活に戻るための時間)が少ないのも特徴で、クリニックからお化粧をして帰宅することができ、洗顔も入浴もその日のうちに可能。

効果の現われ方については、小じわなどは、照射直後に効果を感じる人もいるそうです。

が、個人差もあり、たるみのリフトアップなどは、即効性は難しいそう。医師の多くが、5~6回の照射を奨励しています。

「ポラリス」によって改善された状態は、短くて6ヶ月、長い人で2年ほどキープできるとのこと。

料金は1部位3万円ほど。改善を希望する箇所の組み合わせによって、金額がアップしていきます。

施術を行うクリニックは少なくありませんが、こちらも、十分リサーチしてから足を運ぶことが大切なのは、言うまでもありません。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ