フケの原因 【シャンプーのやりかたに原因があった!】

シャンプー

最近フケがでる、頭皮が乾燥する、髪が油っぽく感じる、頭がかゆいなどの異常を感じたら頭の洗い方を見直してみましょう。

自分ではきちんと洗っているつもりでもうまく洗えていなかったり、間違った洗い方をしていたりするものです。
これからの美しい髪と頭皮の健康のために、正しいシャンプーの仕方を身につけることが必要です。

スポンサードリンク



まずお風呂に入る前にしっかりブラッシングをしましょう。

髪をとかしておくことでからみがとれて、シャンプーをしたときにひっかかりにくくなります。
このときに頭皮も一緒にマッサージしておくと、頭皮の汚れが浮き立つので落としやすくなります。

お風呂に入ったらシャワーなどで髪をよくすすぎましょう。

頭皮と髪表面に付着したほこりやよごれのほとんどはここで洗い流すことができます。
髪が長い人はおけに水をためてすすぐと洗いやすく、また節水にもなります。

髪をすすぎおわったら、シャンプーを手にとってよく泡だててから頭を洗います。

液体のままつけると一部にかたまってしまい全体を洗うことが難しいので、泡で頭皮をつつむように洗います。
このとき頭に爪を立てて洗わないように気をつけましょう。

爪でこすってしまい頭皮に傷がつくことで、フケや皮膚の炎症を引き起こすことがあるので必ず指の腹でもむように洗うことを意識しましょう。

また頭を洗うのと同時に、自分で気持ちいいと感じる程度の力加減でマッサージもおこなうとよいでしょう。

刺激を与えることで頭皮が活性化され、ほどよい皮脂の分泌や髪の成長を促進します。

シャンプーがおわったらよくすすぎ洗いをします。

美容サイト管理人ゆっき_03シャンプーが残っていると様々な頭皮のトラブルにつながるため、湯を髪に流すだけではなく、頭皮をこすりながら流し忘れがないように洗いましょう。

特に耳の後ろ側、後頭部えりあし付近、もみあげと前髪のきわは忘れがちなのでよくすすいでおきます。
後はリンスやトリートメントなどいつも通りのケアをしてください。

普段のシャンプーも少し意識してみるだけで、りっぱなヘアケアにつながります。
いくつかのポイントを抑えるだけで簡単にトラブルを解消することができるこのシャンプー方法、ぜひ実践してみてください。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ