石けんシャンプーのおすすめとその方法は?

最近、頭の地肌に湿疹ができたり、いくらトリートメントしても、髪のぱさつきがおさまらない。

そんな方、どのようなシャンプーを使っているか、一度、成分を調べてみませんか?
もしも、ラウリル硫酸ナトリウムやコカミドプロピルベタインなどの合成界面活性剤の入ったシャンプーを使って長いのでしたら、ちょっと待って。

スポンサードリンク



シャンプーに配合された合成界面活剤は、じょじょに皮膚の奥深くまで入り込んでバリア層を破壊し、自然な皮脂の分泌を抑え、かえってパサパサの髪にしてしまうことが少なくありません。

慣れ親しんだシャンプーかもしれませんが、別の方法で髪の状態が改善されるのなら、止める決断も大切。

【石けんシャンプーに切り替えませんか?】

おすすめは、石けんシャンプーです。

石けんで髪を洗うなんて、と驚かれるかもしれません。
でも、今時、ちっとも珍しいことではないんですよ。

界面活性剤入りのシャンプーを止めたひとに増加中なのが、石けんシャンプーファンなのです。

石けんは、香料などが入っているものではなく、石けん素地100%の上質なものを選びましょう。
保湿を求める方には、シリア・アレッポ産のオリーブオイル石けんをおすすめ。

シャンプー方法は、ブラシであらかじめ汚れを取り除いた髪をよく濡らし、しっかりと泡立てた石けんをつけて、地肌を中心にマッサージしながら洗っていきましょう。

その後、お湯をふんだんに使ってしっかりすすぎます。

【リン酢でサラツヤ髪!】

すすぎ終わったらおしまいではありません。
石けんはアルカリ性ですので、洗ったままの髪はごわごわに…。

アルカリ性を中和するためには、シャンプーの後は酸性のリンスが必要です。
たらいに張ったぬるま湯に、クエン酸やアップルビネガーを溶いたものを適宜混ぜて、地肌を中心に、さっと髪に振りかけ、「リン酢」した後、シャワーで丁寧にすすぎます。

髪の手触りが、やわらかくなめらかになったことを感じるはず。

長く使ってきたシャンプーに疑念が生じたら、まずはお試しになってみてはいかが?
健康な地肌と髪のために、石けんシャンプー、おすすめです!




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ