「ガスール(クレイ)シャンプー」の使い方と効果

「ガスール」。

こげ茶色の粉末は、今や、スキンケアに関心のある方にはおなじみですね。

「ガスール」は、北アフリカ・モロッコで産出される粘土で、古くからモロッコの女性たちのスキンケア/ヘアケアに使われてきました。

汚れの吸着力・洗浄力に加えて、保湿力も備えています。日本でも、洗顔への使用やフェイスパックだけでなく、最近では、本場モロッコのように、シャンプーへの使用も増えてきました。

スポンサードリンク



【ガスール シャンプーの効果】

「ガスール」のクレイは、頭皮の毛穴に詰まった汚れを吸着して取り除いてくれます。

長く使用を続けるうちに、皮脂の過剰な分泌を抑制していく効果もあり、皮脂の分泌をノーマルにし、べたつきやかゆみを軽減してくれるというもの。

頭皮の臭いが気になるひとにも支持されています。

【ガスール シャンプー 作り方】

「ガスール」は、粉末状で販売されているものを、水(精製水がベター)で溶いてペースト状にして使用します。

長く「ガスールシャンプー」をするひとの中には、このペーストに、はちみつやアロマオイルを加えるなど、さまざまな工夫をするケースがあるそう。

シャンプーの手順は、次のとおり。

1.髪をブラシでよくとかし、汚れやほこりをとりのぞく

2.予洗いをした後、ペーストを、マッサージしながら地肌に塗りつけ、髪になじませ、10分ほど放置した後、ペーストが残らないように丁寧にすすいで洗い流す

3.タオルドライ後、冷風のドライヤーで8割まで乾かし、終了。

※細かい粒子ですので、目に入るないように注意が必要です。

シャンプー後、静電気が起こることがあるそうです。
そんなときは、すすぎの後に、洗面器にお湯を張り、薬局で販売されているグリセリンを数滴たらしてリンスをすると、髪をなめらかにし、静電気を防ぐ効果が。

※「ガスールシャンプー」、続けていくうちに改善が確認できるもの。効果には個人差がありますし、肌に合わない方も。初めて使う方は、事前にパッチテストを行いましょう。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ