自分でつくる「小麦粉シャンプー」!そのサラツヤ効果と作り方

最近、一部の人びとにひそかなブームとなっている「小麦粉シャンプー」。

とくに、敏感肌や、合成界面活性剤が配合されたシャンプーによって、肌や頭皮にかゆみや湿疹などのトラブルを経験した人びとから、根強い支持を得ています。

スポンサードリンク



小麦粉といえば、手づくりパック派には、はちみつやヨーグルトパックの基剤としてもおなじみ。

そうです、キッチンにあるあの小麦粉で手づくりしたシャンプーで、髪を洗うのです♪

小麦粉でシャンプーしはじめたら、これまで長く悩まされてきたふけやかゆみ、地肌の湿疹がなくなった!髪がサラサラになって、ツヤも復活した!など、うれしい効果に驚いている方も多数、おいでです。

作り方も簡単ですので、気になる方は、ぜひ「小麦粉シャンプー」をお試しあれ。

【小麦粉シャンプーの作り方とシャンプー方法】

1.10グラムの小麦粉を、90グラムのお湯で溶きます。※1回の使用料。
お湯9:小麦粉1の割合が基本ですが、慣れてきたら、自分に一番良い配合に変えてみても。

2.スパチュラで練って、ペースト状になったら出来上がり。火傷に注意!

※数回分を作り置きして冷蔵庫で保管する方法も。変質に注意し、1週間で使い切りましょう。

【小麦粉シャンプー 洗い方】

1.シャンプー前に、目の粗いブラシで髪を丁寧にとかし、汚れを取り除いておきましょう。

2.髪を予洗しながら小分けし、地肌に小麦粉のペーストを塗付していきます。

3.ひととおり地肌をマッサージしたら、シャンプーで丁寧に洗い落とします。

※香りがほしい方は、すすぎのお湯にアロマオイルを少量、たらしてみても。

ポストハーベスト問題が気になる方は、国産小麦粉を使いましょう。
コストパフォーマンスのよさはいうまでもなく、試してみる価値は十分。

地肌の不健康が改善されるなら、これに越したことはありません。
サラツヤ効果も現れてきたら、“しめたもの”。

もう、フツーのシャンプーには戻れなくなるかも…。

※小麦アレルギーの方には、アナフィラキシー症状が出ることがありますので、
おすすめできません。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ