SPFやPAとは?【自分に適したUVカットミルクやローションの選び方!】

太陽

春から夏にかけては、太陽の出ている時間が長くなり、紫外線が気になる方も多いはず。

今では、肌のコラーゲン線維に、その成分が浸透していってハリを整えながら紫外線をブロックするクリームも発売されてますね。

UVAは、肌のハリと弾力を奪う原因となるって知ってましたか?

そこで、SPFを基準に日焼け止めクリームや乳液を選ぶようにすると良い効果が期待できます。

スポンサードリンク



そのSPFが高ければ高いほど、そのUVBをカットする効果も当然高まります。

SPFの意味とは、UV-Bをどの位ほど防ぐ事が出来るかを表していることを知ってましたか?

20分間の日焼けを基準としているのですが、

例えばSPFが30の場合には、

ポイントその20分の30倍の時間までの紫外線をカットする事が出来る事を意味しています。

ですから、その数字が高ければ高いほど、カット出来る時間が長くなって便利といえますね。

ちょっとした買い物や短時間の外出にはSPF10ほどが丁度良く、レジャー等で海や山に行く時にはSPF40から50が適しています。

PAの意味は、UV-Aを防止する効果を表しています。

UV-Aを肌に照射してから4時間後に、その箇所が黒化した3段階で測定していきます。

そのPAの横に書かれている+は、その防止効果の度合いを表しているのです。

UV-Aの防御指数がPA+++まであり、PA+++のPFA2から4がとても効果があります

次にPA++のPFA4から8で、PA+のPFA8以上の順になります。

そのSPF50+のUVカットジェルやモイスチャーミルクもあり、1本で肌色補正も出来るジェルまであります。

肌に付けるだけで、透明感のある肌にする事も出来ますし、メラニンの生成を防ぐ事が出来ます。

今では、鉱物油がフリーなものや、アルコールフリーのタイプもあり、肌に優しく付ける事が出来ます。

1本で全身ケアも出来たりと、便利な紫外線カット商品が多くなりました。

汗ばんだ肌をも、肌をクールダウンする事が出来るものや、専用クレンジング不要のUVミルクもありますので状況に応じた使い分けをしたいですね




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ